3日放送の日本テレビ系夕方の報道番組『news every.』(月~金 後3:50~7:00)の特集コーナーで、人気声優・花澤香菜の父が営む飲食店『おいなり食堂』が紹介され、ネット上で「え、実家がおいなり屋さんだったの?初耳!」「知らずに行ってたよ!」「明日から行列だな」などと話題になっている。

【写真】美味しそうな”いなり寿司” 花澤香菜の父が営む店内の様子

 番組では「東京いなり寿司物語」とし、コロナ禍で奮闘する飲食店を紹介。その中で店主の花澤克己さんが出演し、「(感染が)危ないからテイクアウトだけやったら?と…」と娘の花澤香菜が心の支えだと告白。

 店名の「おいなり食堂」も「娘が考えた名前です」と明かし、立て看板も直筆だと説明。また「今年はコロナで大変だったね。まだまだ気が抜けないけどお互い体調に気をつけようね。65才のパパも健康で毎日楽しく暮らせますように!ずっとずっと大好きだよー!」と、65歳の誕生日にもらった“手紙”(メモ)も読み上げた。

 しかし、複雑な心境があるそうで「いなり屋の娘なのにパンが一番好きなんですよ。なんか複雑な感情ですけど…」と照れ。花澤香菜はバラエティー番組でパン好きをアピールしていることから、いなり屋として少し寂しさを感じていた。

 番組を見たファンはネット上で「花澤香菜さんの実家のおいなり食べたい」「every.見てたら花澤香菜さんの実家の話を取り上げててびっくりw」「テレビに花澤香菜さんの実家出てて草」などと驚いていた。

 紹介された「おいなり食堂」は、2016年7月にオープンし、住所は東京都日野市多摩平1-2-3、火曜日定休。なお、お店のツイッターでは「暫くの間 テイクアウトのみの営業とさせて頂きます。(少なくとも緊急事態宣言の発令している間) 皆様、くれぐれもお気をつけて!)と呼びかけている。