俳優・鈴木浩介(46)の妻で女優の大塚千弘(35)が3日、自身のツイッターを更新し、第1子を出産を報告した。

【写真】第1子出産を報告した大塚千弘

 大塚は「私事で大変恐縮ですが、この度、第一子を出産致しました」と報告。「私達を親にしてくれた小さな命を、大切に大切に育てていきたいと思います」と決意を新たにした。

 続けて「妊娠中から支えてくれた皆様、コロナ禍の中、万全のケアをして下さった産院のスタッフの皆様、そして、いつも私に寄り添い一生懸命サポートしてくれた夫に、元気に産まれて来てくれた我が子に心から感謝です」と記した。

 2人は2015年10月に結婚を発表。当時、サイトを通じて結婚へ至った理由について「以前から知り合いの間柄ではありましたが、この夏の共演を機に親しくお付き合いさせていただくこととなり、この度、互いの気持ちが結婚へと固まりました」(鈴木)。

 「俳優としても人生の上でも先輩の浩介さんとお付き合いさせて頂く中で、大切な事を気付かせて貰い、何においても尊敬出来る彼と日々の暮らしを供に、これからも沢山の事を共有したいと思い入籍に至りました」(大塚)と明かしていた。