人気グルーブ・V6の井ノ原快彦が、1日放送のテレビ朝日系ドキュメント番組『ノブナカなんなん?』(毎週土曜 後10:25)に出演する。

【番組カット】15年で数千種類…ハンバーガーに取り憑かれた歯科衛生士・エリさん

 今回は「取り憑かれた女って…なんなん?」を届ける。誰でも多少なりとも、何かにハマることがあるはず。時には、ハマりすぎて“取り憑かれている”レベルになることも。そんな風に、他人からはなかなか理解されないことに取り憑かれて人生を捧げてしまっている人とはどんな人物なのか。さらになぜそこまで“ゾッコン”になれるのか、探っていく。

 スタッフのもとに現れたエリさんは、遠くから見ても何に取り憑かれているのか、一目瞭然。出演する弘中綾香アナウンサーも「この服装で歩いているんですか?」と驚きの表情を隠せない。というのも、エリさんは全身ハンバーガーのアイテムだらけ。「ハンバーガーが大好きです」との言葉に、同じくMCのノブ(千鳥)も「どこで見つけたこの逸材!」と驚きの声を上げた。

 高校生の時に食べたハンバーガーをきっかけに取り憑かれたというエリさんは、これまでに数千種類、5000個以上のハンバーガーを食べたという。スマホには5万枚の写真が保存されていた。どうしたらそこまでのめり込めるのか。番組ではハンバーガーとはまったく関係のない仕事をしている彼女に密着。1日目は休日とのことで日課のハンバーガー店めぐりに同行する。自称、日本一ハンバーガーを食べているというエリさんが訪れたのは、“グルメバーガー登竜門”という店。エリさんが店に現れると驚がくの光景が繰り広げられ、店長のコメントから、エリさんがハンバーガー業界でいかにすごい存在なのか判明する

 ノブが「ミシュランの調査員みたい」と語るほどの待遇を受けるエリさんの、取り憑かれたものに身も心も捧げる、その暮らしぶりを紹介。実は既婚者とのことで、主人は妻をどう思っているのか、本音を尋ねる。するとここでもスタジオメンバーが驚く事実が明かされる。大好きなハンバーガーを中心とした日々を送るエリさんに、「見ていて泣きそうになった」というほど好印象を持った井ノ原だが、V6の中にも「取り憑かれやすいメンバーがいる」と暴露。それは一体誰なのか。