急性の心臓発作により3月末から休養している歌舞伎俳優の中村吉右衛門(76)が、治療に専念するため、「出演を予定しております歌舞伎座『五月大歌舞伎』の5月12日(水)以降で予定している公演は休演し、下記の通り代役にて上演いたします」と4月30日、「歌舞伎美人」で発表された。

【写真】尾上菊之助、義父・中村吉右衛門と映像初共演「しびれました」

 サイトでは「中村吉右衛門は、3月末から急性の心臓発作により、都内病院にて治療を受けておりますが、 4月下旬での医師による診察の結果、当面の間、療養に専念する必要があることになりました」と伝えた。それに伴い「出演を予定しております歌舞伎座「五月大歌舞伎」の5月12日(水)以降で予定している公演は休演し、下記の通り代役にて上演いたします」とした。

 「なお、中村吉右衛門は今後の舞台復帰を目指し、引き続き療養に専念いたします。皆様には、大変なご心配とご面倒をお掛けしますこと、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。