お笑いコンビのサンドウィッチマンが、放送批評懇談会が選定する第58回(2020年度)ギャラクシー賞・個人賞を受賞した。

【動画】サンドウィッチマン伊達がただカツ丼を食べるだけの動画

 受賞理由は「卓抜な芸人力で人々の気持ちと向き合い、笑いの力で人々を励まし、東北の『心の復興』に並走してきたことに対して」。東日本大震災から10年を迎えた、3月11日の深夜にはニッポン放送『サンドウィッチマンのオールナイトニッポン~東日本大震災から10年~』(深1:00)でパーソナリティーを務め、震災から10年を迎えての心境、そして今後の 10 年に向けてのメッセージを伝えていった。

 同月10日放送のNHK総合のバラエティー番組『サンドのお風呂いただきます』では「福島第一原発の中へ&浜通りのいまSP」と題して、2人が福島第一原発に入り、廃炉作業の現状をリポート。こうした姿勢が、今回の受賞につながった。

 授賞式は、6月2日に無観客で行われ、その模様は放送批評懇談会の公式YouTubeチャンネルで放送される。