4月5日、公演中に急性くも膜下出血を発症し緊急入院していた歌手の平浩二(72)が、山口大学医学部附属病院を無事退院したことが30日、コンサートを主催する夢グループより発表された。

【写真】退院時…息子と主治医に見守られ笑顔の平浩二

 コメントを寄せた平は「皆様、急性クモ膜下出血から無事、生還して参りました平浩二です」とあいさつ。「正直、病院に到着してからの記憶は、殆どありません。我々の年齢になると、クモ膜下出血と言うのは、決して珍しい疾患ではありません。今回の無事にスピード退院出来た大きな理由は、救急搬送された下関済生会病院での機敏な判断での止血処置と、翌日のドクターヘリの手配、山口医大の教授の執刀、ICUでの徹底した管理が、ここまで早く元気になることができたのだと思って居ます」と医療スタッフの尽力に感謝した。

 その上で「今、人生で再び与えられた命ですので、これからも健康管理を怠らず元気に、皆様に歌と夢をお届け出来れば幸せです」と復帰への思いをつづっている。

 平は今月5日に山口・下関市で行われた公演中に頭痛に見舞われ同市内の病院に緊急搬送された。検査の結果、急性くも膜下出血と診断され、翌6日に同市内の大学病院へとヘリで移送され、手術を受けていた。