5月14日より公開を予定していた映画『ゴジラvsコング』の公開延期が30日、決定した。

【写真】突然、出現したゴジラを見つめる蓮(小栗旬)など、初出し場面カット

 東宝は「新型コロナウィルスの感染状況に鑑みまして、公開を延期させていただきます」と報告。「作品の公開を楽しみにお待ち頂いていた皆様には誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 今後の公開予定については、「決定し次第、速やかに東宝ホームページにてお知らせいたします」としている。

 本作は、ハリウッド版『ゴジラ』シリーズと『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年)の壮大な世界観がクロスオーバーする「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作。かつて日本で制作された『キングコング対ゴジラ』(1962年)以来となるマッチメイクが、再び実現し、日本から小栗旬が出演。本作で小栗が演じる芹沢蓮(せりざわ・れん)は、ハリウッド版「ゴジラ」シリーズ前2作で渡辺謙が演じた芹沢猪四郎博士の息子という、重要な役どころ。小栗にとってはハリウッドデビュー作となる。

 日本語吹替版には、前作から引き続きの芦田愛菜、田中圭に加えて、新たに田中裕二、尾上松也、田中みな実、さらには声優の津田健次郎、坂本真綾が参加する。