女優の永野芽郁、菜々緒が4日、東京・新宿の花園神社で行われた映画『地獄の花園』(5月21日公開)の大ヒット祈願イベントに出席した。

【動画】話題の映画『地獄の花園』早くも続編をアピールした永野芽郁

 同作は、お笑い芸人・バカリズムのオリジナル脚本作品で、永野演じる主人公・直子は、ごくごく普通のOL生活を送っており、華やかにも見える職場だが、裏では“拳”で派閥争いがされている地獄の花園だった…OLが抗争を繰り広げるストーリー。直子と同じ会社に勤めるカリスマヤンキーOL役を広瀬アリス、OLたちを牛耳る“悪魔の朱里”役を菜々緒が演じるほか、川栄李奈、森三中の大島美幸、松尾諭、丸山智己、勝村政信、遠藤憲一、小池栄子ら男性キャストも含めて全員OL役で出演する。

 コロナ禍で封切りを直前に控え「無事に劇場が開いて、そこで『地獄の花園』を見てもらって、皆さんに笑ってもらえたら」と語った永野は、作品の大ヒットに加え「続編」についても祈願したという。

 「全然『続編やりましょう』って大人が言ってくれない。ここで圧を掛けときます(笑)」とニヤリとほほ笑むと、菜々緒も「みんな現場では『続編やりたいね』って話してました。何なら前のめりですよ!」と強く賛同した。

 一方で菜々緒は「修行を極めたい」と掲げ「こないだも滝行に行ってきました」と告白。「日本って特に修行みたいなものが多い。これ以上、強くなっても困っちゃうかなと思うけど、こういうご時世だから心身ともに鍛え上げていきたい」と言葉に力を込めた。

 続けて菜々緒が「これからの時代は個人戦ですよ!」と語ると、永野は「カッコいい…」と羨望の眼差しを向けていた。