ASMRをテーマにしたオリジナルテレビショートアニメ『180秒で君の耳を幸せにできるか?』が10月より放送されることが決定した。テレビアニメでは初の試みとなる。

【画像】「180秒で君の耳を幸せにできるか?」放送ロゴタイトル

 ASMRは「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚絶頂反応)」の略語で、聴覚や視覚への刺激によって脳がゾワゾワしたりリラックスするような反応・感覚のこと。近年、YouTubeなどの音声メディアにおいて多くのASMR動画が投稿されており、一般人だけでなくタレントや声優、有名VTuberによるASMR動画が話題となっており、若い世代を中心に盛り上がっている。

 テレビアニメは、気になる同級生と共通の趣味を持つためにASMRの収録に初めて挑戦する主人公をはじめ、彼女にかかわる様々なキャラクターがASMRに触れ、その魅力に引きつけられていく物語。3分間=180秒という時間のなかで、主人公たちとともに様ASMRを体験することができる内容になる。

 監督は『魔王様、リトライ!』などの演出を手掛け、本作が初監督作品となる葛西良信氏、キャラクターデザインは『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』をはじめ、『レヱル・ロマネスク』『八月のシンデレラナイン』の野口孝行氏、アニメーション制作は『魔王様、リトライ!』『踏切時間』のエカチエピルカと、INDIVISIONが担当する。