俳優の吉沢亮が渋沢栄一役で主演を務めるNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。5月2日に放送される第12回「栄一の旅立ち」で栄一の青年時代を描く“血洗島編”が幕を閉じるのを前に、演出を担当する黒崎博氏が、合同インタビューに応じた。

【第12回場面写真】血洗島を出発し京へ向かう栄一&喜作

 本作では、物語をわかりやすく伝える語り部のような存在で北大路欣也が演じる徳川家康が出演。2月14日の放送後から、多くの反響を集めて、これまで全話で登場。そのたびに、SNSでなどでも盛り上がりを見せている。

 黒崎氏は、家康への反響について「最初はドキドキしていた部分もありましたが『面白い』『語ってくれる情報で中身がわかりやすくなっている』といっていただいています」と好評に笑顔。さらに「北大路さん自身も喜んで『楽しい』『次の回はなにをやればいいの?』とおっしゃって、楽しみにしていただいています」と演じている北大路も撮影を心待ちにしているという。

 一方で、時代は幕末で今後は江戸幕府が終焉を迎える史実が待ち受けているが「最初の仕掛けとしては、徳川幕府を開いた人だから俯瞰(ふかん)で語ってもらおうというのが、立場を超えて、栄一への感情が出てくるなど物語を“見守る”人になってきています。だったら幕府が終わったあとも『出てくる理由がない』ということはないのかなと。僕としては栄一を最後まで見てほしいと思っていますが、難しくてどうしたらいいんだろう…(笑)」と演出担当としてもうれしい悩みのようだった。