お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が29日、自身のブログを更新。新型コロナウイルスの療養から明けて、相方の石田明とコンビ活動を再開させたことを明かした。

【写真】「#井上機材に被りまくり」ほほえましいコンビ活動再開2ショット

 井上は「今日は、3週間ぶりくらいとなる相方石田君と会いました」と切り出し「元気に、おにぎり食べております。そして、僕の顔がマイクのコードなどと被って、何にも見えません。本当、3週間前と変わらず、めちゃくちゃ元気でした。良かった! 良かった! 色んな事を2人で喋りました。このラジオの詳細は、近々お伝え出来ると思うので、お待ちください!! NONSTYLE、色々頑張っていきます」とつづった。

 井上は、インスタグラムでも「コンビ活動再開。おにぎり食べてる相方。僕、石田君共に、めちゃくちゃ元気です。これから、またバリバリ頑張ります」と「#隠し撮り写真#石田ばっちり映ってる#井上機材に被りまくり」とのハッシュタグと写真を添えて報告。一方の石田は、自身のブログで「生井上でした。ただたわいもない会話を収録してきました。これがなんの仕事かというのはまた言います。正直、笑っちゃいますよ。お楽しみにー。さあ、家に帰ってみんなでゆっくりしよー。ほいでは」と伝えた。

 所属する吉本興業は15日、公式サイトで「井上は4月12日(月)夜に発熱し、13日(火)にPCR検査を受検。14日(水)に陽性と診断されました」と感染発覚までの経緯を説明。保健所によると、発症日は12日という。21日には、同サイトで石田が新型コロナウイルスに感染したと発表。石田は4月19日(月)、テレビ番組の収録に伴い、PCR検査を受けた結果、20日(火)に陽性と診断されたという。発症日は18日(日)。井上が発熱した翌日の13日にPCR検査を受けた際は陰性の診断だった。井上は、22日に10日間の新型コロナウイルス療養生活が終了し、石田は28日にホテル療養を終えた。