麻見和史氏の小説「邪神の天秤 警視庁公安分析班」「偽神の審判 警視庁公安分析班」(ともに講談社)が、WOWOWで『連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班』としてドラマ化されることが明らかになった。主演は俳優の青木崇高が務める。2022年放送・配信(予定)。

【写真】「邪神の天秤」「偽神の審判」原作書影

 このドラマは、麻見氏の原作をもとに、木村文乃主演で第3弾まで制作されたクライムサスペンスドラマ〈殺人分析班〉シリーズのユニバース作品。〈殺人分析班〉シリーズは、警視庁捜査一課の刑事・如月塔子(木村)と彼女が所属する十一係の活躍を描いた作品で、新米だった塔子が、1作目「石の繭」、2作目「水晶の鼓動」を経て、3作目「蝶の力学」で一人前の刑事になり、塔子の頼れる先輩であり相棒の鷹野秀昭(青木)は、塔子の成長を見届けて、捜査一課を去っていった。

 新たにドラマ化される〈公安分析班〉シリーズは、捜査一課を離れた鷹野が、ある目的のために公安警察へ異動し、そこでの彼の活躍が描かれる。今回、鷹野をはじめ公安分析班はエジプト神話を模した猟奇殺人事件に挑む。

 爆破事件の近くで与党大物議員の殺害事件が発生。遺体からは臓器が抜かれ、心臓と羽根を乗せた天秤が残されていた。猟奇事件現場に臨場した公安部に異動したばかりの刑事・鷹野は、持ち前の推理力で不可解な事件と向き合おうとするが、周囲から、公安には公安のやり方があると一蹴されてしまう。

 日本警察の中でも、公安警察は”治安の守護神“としての強烈なエリート意識を持っている。情報収集活動は警察にとって捜査の基本とも言えるが、公安警察において、その手法はより緻密で複雑なものを要求され、鷹野も新たな公安での捜査手法で事件を追っていくのだが…。秘密主義が蔓延る公安で、鷹野は難事件の解決の糸口をつかめるのか? 猟奇殺人事件が、やがて公安の、そしてある目的を果たすために公安にやってきた鷹野の運命を大きく揺るがしていくことになる。

 青木は「『石の繭』『水晶の鼓動』『蝶の力学』というWOWOWでしかできないような迫力とリアリティのある三作品を経て、さらにスケールアップした今回の『邪神の天秤』です。演出の内片監督をはじめ、信頼できる同じスタッフのみなさん、そして新キャストと創れるこの喜びはとてつもなく大きいです」とコメント。。

 〈公安分析班〉シリーズについては「脚本化されてもなお物語が魅力的なのはやはり麻見和史先生の素晴らしい原作のおかげです。主人公の鷹野は私自身が大ファンなのでまた演じることができて大変うれしいです。演出、スタッフ、キャストに支えられ、さらに魅力的なキャラクターになっていると思います」と、自信をのぞかせる。

 視聴者へのメッセージを求められると「『公安』については職務上、世間に知られていないためか、あまりいい印象に描かれることが少ないと思われます。しかし、間違いなく彼らは、強い信念をもって捜査に向き合っています。映像、美術、ストーリーのクオリティは、他の警察ドラマでは観られないレベルだと断言できます。このような状況下ですが、スタッフ、キャスト一丸となって創っております。ぜひご期待ください」と、呼びかけていた。

■原作者・麻見和史氏のコメント

 今回、ドラマの企画段階から打ち合わせに参加させていただきました。これまで刑事部にいた鷹野秀昭が、公安部に異動してどのような捜査を行うのか──。それを考えるのは、原作者である私にとっても非常に新鮮で刺激的な経験でした。ドラマ制作チームの方々と意見交換しながら原作の執筆を進め、緊張感のある物語が出来上がったと感じています。プロジェクトの関係者全員で練り上げたシナリオが、どのような形で映像化されるのかとても楽しみです。