俳優の松坂桃李が主演する4月期テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』(後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)が、きょう30日からスタートする。

【場面カット】キス寸前の松坂桃李&井浦新

 何をしても壊滅的にポンコツなスーパーの従業員・桃地のぞむ(松坂)はある日、大好きな漫画の作者・唯月巴(麻生久美子)と出会い、お近づきに。あれよあれよと気に入られ、友だち以上恋人未満な関係になった矢先、不慮の事故で巴は帰らぬ人になってしまう。悲しみに暮れる桃地の前に現れたのは、巴の魂だけが乗り移ってしまった見知らぬおじさん・田中マサオ(井浦新)で…、とストーリーが展開していく。

 愛した女性の突然の死、そして見知らぬおじさんからの「わたしが巴なの…」という告白。それまで大きな夢も覇気もなく生きてきた桃地を「これでもか!」という勢いで第1話から衝撃のできごとが襲う。

 そんな桃地を演じる松坂の唇を、今まさに大胆に奪わんとしているのが、この作品のヒロイン・巴を演じる麻生久美子と井浦新。“二人一役”のヒロインとの“キスシーン”を、『あのキス』第1話ではさっそく楽しむことができる。

 桃地に迫る巴、そして桃地に迫るオジ巴。実は2人の巴とのキスシーン、繰り広げられているのは同じ場所。いったいなぜ同じ場所で2組はキスをしているのか。それぞれの時期はいつなのか?ドラマのスタートを前に公開された、物語を象徴する2つのシーンのカット。このキスシーンは果たしてどんな意味を持つのか。今夜から始まる『あのキス』ワールドは見逃せない。