女優の比嘉愛未が、テレビ東京系ドラマ『にぶんのいち夫婦』(6月2日スタート 毎週水曜 深0:40)で主演を務めることが29日、わかった。比嘉が同局系のドラマで主演を飾るのは、今作が初となる。

【画像】『にぶんのいち夫婦』の第1巻

 原作は小説投稿サイト・エブリスタにて連載され、マンガボックスにてコミカライズ化された、原作・夏川ゆきの、漫画・黒沢明世による同名作。物語の主人公は、結婚2年目、32歳の主婦・中山文。イケメンで誠実な夫とは周囲も羨むような新婚生活を送っているはずだった…。

 ある日、夫のスマホに届いた、見知らぬ女性からの意味深なメッセージ。最愛の夫が浮気をしている? 2ヶ月のセックスレスも重なり、不安を募らせながらも浮気相手から夫を取り戻すべく、文は証拠探しに動き出す――。

 主演の比嘉は、確かな演技力と凛とした美しさの中に持つ繊細な感情表現で、文の女性としての強さや弱さ、募っていく夫への不信感をリアルに演じる。今まで見せたことのない大胆な役柄にも注目だ。

 また、動画配信サービス「Paravi」で5月26日午後9時より独占先行配信されることが決定した。登場人物たちを演じるレギュラーキャストは後日、発表される。

■比嘉愛未のコメント
――オファーを受けた時の思い、原作・台本を読んだ感想などをお聞かせください
「ずっと恋愛ドラマを演じたいと思っていたのでうれしい気持ちと、主演という責任をどっしりと感じています。原作を読ませていただきましたが、すれ違う夫婦の姿に何度も胸が苦しくなって涙しました。“結婚=幸せ”とは限らないものなのだという事も。他人同士が家族という形を作ることは難しいという事も学ばされた気がします」

――主人公・中山文の印象、共感ポイントを教えてください
「文はとても素直で、心優しい女性。だからこそ自分の想いを伝えるのを躊躇してしまったりと不器用な部分も感じました。文の心の声、自問自答する部分などは私も良くするのでとても共感出来ます。自分の心の声と、世間の声。その間で常に葛藤しながら人は生きていくんでしょうね。

――役への思い、意気込みをお聞かせください
「文の繊細な心の描写を丁寧に、三十代の今だから出せる自分の表現をしていきたいと思います!  新たなチームでの作品作り、どんな出会いがあるのか今からとても楽しみです」