お笑い芸人の椿鬼奴が、6月5日スタートの東海テレビ・フジテレビ系オトナの土ドラ『#コールドゲーム』(毎週土曜 後11:40)に出演することが決定した。

【写真】瞑想してからジャンプを読む?自称・酒柱の椿鬼奴

 氷河期に突入した地球を舞台に、天才詐欺師・木村祥子(羽田美智子)が偽装家族“木村家”を組んでたくましく生き抜く姿を描く、マイナス45度の氷河期サバイバルストーリー。長男役の大輝(結木滉星)、長女役の陽菜(久間田琳加)、父親役の隆(やす)、そんな木村家が潜む避難所第七支部を運営する支部長・如月(中村俊介)が織りなす、生きる力をさまざまな角度で問い直す内容となっている。

 鬼奴は、夫と息子の3人で第七支部に逃げてきた女性で、避難所ママ友を束ねる福山良子を演じる。そのほか、篠原篤、和田琢磨、福田転球、銀粉蝶も追加キャストとして出演することが発表された。鬼奴が、出演にあたってコメントを寄せた。

■椿鬼奴
オファーをいただいた時は、女優業も大好きなのでうれしかったです! 福山良子を演じるにあたっては、私の周りに世話好きで明るいおばちゃん、友達のお母さんにぴったりの方がいましたので、その方の雰囲気を真似しています。
羽田さんはおやさしくて、私が痛たた…と腰をさすっていると、いい整体を教えてくださいます。ここの整体は痛くない、ここの整体は考え方が良くて、などめちゃくちゃ具体的に親切に説明してくれます。羽田さんはいつも明るくて華がすごいです。なんか現場が華やかになったな、と思うと大体、羽田さんが現場に近づいています。
また、やすさんは元々飲み仲間でもありますので、今回やすさんがいらっしゃるのがとてもうれしかったです! やすさんも涙するシーンがあるそうで、どうしたら泣けるかなぁとだいぶお話しさせていただいたのでやすさんのシーンが楽しみです! 突飛な設定で面白く、撮影方法も氷河期らしく薄暗く、とてもイレギュラーな現場でしたので完成版を早く見たいです。非現実的に思えて実はコロナ禍の今の世界の私たちの気持ちに合っているかもしれません。ぜひ見てね!