タレントのウエンツ瑛士が、4月30日放送のフジテレビ系バラエティー『人志松本の酒のツマミになる話』(後9:58)に出演。MCのダウンタウン・松本人志とさまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)、ゲストの尾形貴弘(パンサー)、紗栄子、山崎まさよしとともに“お酒の席が盛り上がれば何をしゃべってもOK”というルールのもと、普段言えないような悩みや失敗談、心に秘めた本音を語り合う。

【写真】貴重な金髪時代!「11年前の自分」と2ショットを撮るウエンツ瑛士

 円卓を囲み、それぞれの好きなお酒で乾杯し宴(うたげ)がスタート。番組特製の“酒瓶ルーレット”でトークの順番を決定する。ウエンツは「同せいをするべきか悩んでいる」と切り出すし、現在久々に母親と同居生活を送っていると告白。「人と一緒に住むのってすごく大変」と実感しているそうで「結婚前に同せいしたらうまくいきますか?」と質問する。

 「やらないよりはやった方がいいと思う」と賛成派の松本、山崎に対し、三村はあることが理由で反対派だと語る。また、尾形は「妻との同せい時代に隠されていたことがあって」と語り始める。「(当時)同居している家に大量のある野菜が送られてくることが度々あった」と振り返り、妻にその理由を聞いてもはぐらかされ続けたという。そして結婚後のある日、家に帰ると妻から衝撃的な告白を受けたと語り、一同は大爆笑する。