一年前の春、2020年コロナ禍となった多摩川沿いの町で暮らす人々の、些細で尊い人生に光を当てたオムニバスストーリー、Huluオリジナル『息をひそめて』(全8話配信中)。このたび、最終話(第8話)で斎藤工演じる水谷光生が主人公の「この窓から見える世界が、僕の世界だ」のラストシーンである、多摩川河川敷での合唱シーン映像の一部が公開された。最終話は、コロナ禍が終焉の兆しが見え、徐々にかつての日常を取り戻し始めた未来を描いている。

【動画】合唱シーン本編映像

 本作は一話ごと主人公が異なるオムニバスドラマでありながら、全ての話が重なり合って最終話へと繋がっており、高校の合唱部顧問・水谷光生(斎藤)は、第1話で登場する食堂「ますだや」の妃登美(夏帆)と、その後も、店主と常連客として心地よい関係を続けている。ある日光生は、第7話で中止になった合唱コンクールで歌う予定だった曲を、去年の3年生を交えて歌おうと、現役部員たちに合唱コンサート開催を提案する。部員の中には、第2話で中学生だった筒井涼音(長澤樹)の顔がある。

 手作りのコンサート会場は、多摩川の河川敷。多摩川沿いの住民を招待しマジックアワーに包まれながら、歌声が川の流れに運ばれていく。その清らかな歌声を聴きながら、様々な想いが重なり合う光生の目からは涙があふれて止まらない――。

 撮影時を振り返って斎藤は「このシーンは、現場にいる人間たち全員が奏でたものです。いい意味で、僕自身は感情をコントロールすることはできず、現場を創り出した皆さんへの反射の涙でした」と語っている。

 今回たっぷりと公開する合唱曲「君のうた」は、本作で音楽を担当したharuka nakamuraの書き下ろし楽曲。第1話からソロの楽器が重なり合い、第7話の独唱、最終話の合唱へとつながっていき、いくつもの小川が大河へと流れゆくかのように徐々に膨らみを増す自然界の大きな流れを、各話が紡ぎだす本編と各話で奏で合う音楽で表現している。本作の全てが重なり合う集大成でもある大切なシーンだ。

■各話タイトル/出演者
第1話「人も場所も全ては無くなる」/夏帆、斎藤工
第2話「帰りたい場所が、ずっとなかった」/石井杏奈、萩原利久、長澤樹
第3話「君が去って、世界は様変わりした」/ 村上虹郎、安達祐実、横田真悠
第4話「この町のことが好きじゃなかった」/蒔田彩珠、光石研
第5話「たまに遠く感じる、君のことが」/三浦貴大、瀧内公美
第6話「あなたの速さについていけないことがある」/瀧内公美、三浦貴大
第7話「誰のために歌うの?」/小川未祐、斎藤工
第8話「この窓から見える景色が、僕の世界だ」/斎藤工、夏帆

■『息をひそめて』視聴ページ
https://www.hulu.jp/hold-on-look-ahead