『新感染ファイナル・エクスプレス』『82年生まれ、キム・ジヨン』など出演作を必ずヒットに導く韓国映画界のトップスター、コン・ユ主演、蒼春スターとして圧倒的な人気を誇るパク・ボゴムが出演する韓国映画『徐福』が、『SEOBOK/ソボク』の邦題で、7月16日より新宿バルト9(東京)ほかで全国公開される。

【動画】映画『SEOBOK/ソボク』予告〈第一弾〉

 人類に永遠の命をもたらすクローン・ソボク。彼を奪い合う争いの中、唯一、人として接し守り続ける男がいた。互いのために宿命に抗う2人の運命とは? 本作は、永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント。 監督は『建築学概論』のイ・ヨンジュが務め、本国では今年最大の話題作として注目を浴び、初登場1位を記録した。

 余命宣告を受けた元情報局員ギホン(コン・ユ)。死を目前にし明日の生を渇望する彼に、国家の極秘プロジェクトで誕生した人類初のクローン・ソボク(パク・ボゴム)を護衛する任務が与えられる。だが、任務早々に襲撃を受け、なんとか逃げ抜くもギホンとソボクは2人だけになってしまう。危機的な状況の中、2人は衝突を繰り返すも、徐々に心を通わせていく。しかし、人類の救いにも、災いにもなり得るソボクを手に入れようと、闇の組織の追跡はさらに激しくなっていく。“死ぬことのない”クローンと“死から逃れられない”男。対極の定めを生きる2人が、互いのために宿命に抗い、行き着くクライマックスは涙なしには観られない。

 解禁されたティザービジュアルでは、遠くを見つめるクローン・ソボクと、彼に暖かい眼差しを向けるギホンが印象的なもの。コピーには「君か、世界か―」と記され、ソボクを巡る壮大な物語を予感させる。予告〈第一弾〉では、2人の出会いのシーンから始まり、命を狙われるソボクと、彼を守るギボンの姿が迫力の映像とともに映し出される。