数多くのアナウンサー、タレントを輩出している芸能事務所の生島企画室が、アナウンサーを目指す全国の高校生・大学生を対象に大型オーディションを開催することが29日、発表された。

【写真】生島企画室、優木まおみも所属

 タイトルは『2021年度 春夏 生島企画室オーディション アナウンサーを目指せ!』。一次オーディションはメールによる審査、二次はマネージャーによるZOOMを使った審査を実施する。応募の締め切りは5月31日まで。

 生島企画室はTBS出身のフリーアナウンサー・生島ヒロシが1989年に設立。現在、女優・浅野温子(60)やタレント・朝比奈彩(27)を始めタレント総数は100人を超え、昨年は佐久間みなみ(23)と渡邊渚(24)がフジテレビに、太田紅葉(23)は静岡第一テレビへアナウンサーとして入社。こうした実績・ノウハウを活かし昨年、第1回が開催されている。

 オーディションの合格者には、3ヶ月に及ぶ無料のアナウンスレッスンやボイストレーニングなどを行い現在、様々な場所で実践経験を積んでもらう。同社の会長をつとめる生島は「1期生も順調に成長し、来るべきステージに備えています。局アナを目指している学生の皆さん、一緒に学び、夢を実現してみませんか!」とエールを送った。(オーディション特設サイト https://www.ikushimakikaku.co.jp/audition-2021-overview/)