ポルノグラフィティのボーカル・岡野昭仁がソロの歌い手として取り組む「歌を抱えて、歩いていく」プロジェクトの第2弾の新曲「Shaft of Light」のミュージックビデオ(MV)が28日、公開された。

【動画】岡野昭仁のソロプロジェクト第2弾 リリックモーションビデオ

 同曲は、11日に行われた配信ライブ『DISPATCHERS』で初披露され、12日に配信リリースされた新曲。作詞・作曲は岡野とつながりの深いサウンドクリエーター・辻村有記が手がけ、MVは新進気鋭のクリエイターとタッグ。リリックデザインはZUMA、ディレクション/グラフィックデザイン/モーションデザインはUDONが担当した。

 MVは楽曲の持つ「静と動」「光と影」といった、相対することでお互いを浮き上がらせる2つの存在にインスピレーションを受けて制作された。さまざまなタイポグラフィーが音に合わせてさまざまな表情を見せ、影とともに強く穏やかな一条の光(「Shaft of Light」)が表現されている。