有村架純、アイナ・ジ・エンド、仲野太賀が、株式会社カカオジャパンが運営する、電子マンガ・ノベルサービス『ピッコマ』の新CM『アメハナカラス』シリーズに出演する。セリフはなく、表情や動作で表現する3人の表現力に注目が集まりそうだ。

【写真】アーティスティック! どしゃぶりの雨の中で出会う有村架純とアイナ・ジ・エンド

 29日に公開される第一話、5月3日公開予定の第二話は、有村架純が演じるマンガ原作担当「花」、アイナ・ジ・エンドが演じるマンガ作画担当「雨」、仲野太賀が演じるプロデューサー「カラス」の3人が、雨の中で運命的な出会いを果たすストーリー。物語の始まりや、今後の展開への期待を予感させる映像となっている。

 CM内の楽曲は、“楽器を持たないパンクバンド” BiSHやのメンバーで、ソロでも活躍するアイナ・ジ・エンド初となるCM用に書き下ろしたオリジナル楽曲。「花」の心情に寄り添い、CMの世界観を表現した楽曲だ。

 CMのストーリーは縦スクロールフルカラーマンガ『SMARTOON(スマトゥーン)』のコンテンツとして『ピッコマ』内で5月7日(金)より配信予定。