直木賞作家・西加奈子の小説を、北村匠海・小松菜奈・吉沢亮ら今最も旬なキャストで描いた映画『さくら』(矢崎仁司監督)のBlu-ray&DVDが、5月12日に発売される。これに先駆けて、豪華版の特典映像のダイジェストが公開された。

【動画】特典ダイジェスト映像

 メイキングには、北村をはじめ長谷川家の家族が和気あいあいと囲む食卓の様子 や、小松の撮影シーンで、吉沢が無意識に電気を消してしまうハプニングに「消すな~」と小松が思わず笑ってしまう場面も。また、吉沢のクランクアップで北村とふざけあったり、笑いの絶えない現場の様子を見ることができる。

 そのほか、小松と小林由依が演じるアクションシーンでお互いの技のかけ方について会話をしたり、映画本編では写真でしか出てこなかった、吉沢演じる長男の一(ハジメ)がケーキのロウソクを消すバースデーシーンなど、ここでしか観ることのできない貴重な映像も。

 「さくら咲け! 完成記念トークイベント」「公開記念舞台挨拶」とイベントの
模様も収録。映画『さくら』の魅力がたっぷりつまった映像集となっている。

■ストーリー
 音信不通だった父が2年ぶりに家に帰ってくる。長谷川家の次男・薫は、その年の暮れに実家へと向かった。けれど兄の一の姿はない。 薫にとって幼い頃からヒーローのような憧れの存在だったハジメは、2年前のあの日、亡くなった。そしてハジメの死をきっかけに家族はバラバラになり、その灯火はいまにも消えそうだ。そのつながりを繋ぎ止めるかのように、薫は幼い頃の記憶を回想する。

 それは、妹・美貴の誕生、サクラとの出会い、引っ越し、初めての恋と失恋 長谷川家の5人とサクラが過ごしたかけがえのない日々。やがて、壊れかけた家族をもう一度つなぐ奇跡のような出来事が、大晦日に訪れようとしていた──。