米ロサンゼルス現地時間25日に開催された世界最高峰の映画の祭典『第93回アカデミー賞』授賞式。ディオールのドレスやタキシードを着用してレッドカーペットに登場したセレブリティの写真が到着した。

【写真】サシャ・バロン・コーエン&アイラ・フィッシャー夫妻

 ファッションデザイナーのマリア・グラツィア・キウリによるディオールのクリエイションから、それぞれに美しく個性あふれるドレスルックを披露したのは――映画『ファーザー』(5月14日公開)で主演男優賞を獲得したアンソニー・ホプキンスが演じたアンソニーの娘アンを演じたオリヴィア・コールマン。短編アニメ賞&長編アニメ賞のプレゼンターを務めたリース・ウィザースプーン。『シカゴ7裁判』(Netflixで配信中)の演技で助演男優賞にノミネートされたサシャ・バロン・コーエンの妻で女優のアイラ・フィッシャー。

 また、『ファーザー』でアカデミー賞脚色賞を受賞したフローリアン・ゼレール監督はキム・ジョーンズによるメンズ コレクションからブラックタキシードを、『ソウルフル・ワールド』(ディズニープラスで配信中)で作曲賞を受賞したジョン・バティステは、ネイビーブルーのピークドラペルタキシードをまとって登場した。

 短編アニメ賞にノミネートされた『オペラ』の監督エリック・オー。作品賞はじめ6部門にノミネートされ、編集賞と音響賞の2冠に輝いた『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』のダリウス・マーダー(監督・脚本)、エイブラハム・マーダー(脚本)。そのほか、アシュトン・サンダースなどがディオールのタキシードやブラックスーツといったフォーマルなアイテムを、クラシックに、または、さりげなく小物を効かせた個性が光るスタイリングで着こなした。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、例年より約2ヶ月遅れて開催された今回の『アカデミー賞』は、例年会場となるハリウッドのドルビー・シアターに加えて、ユニオンステーション、さらにはアメリカ以外の複数会場をつないだ、かつてない特別な式典となった。