テレビアニメ『ブルーピリオド』が10月より放送されることが決定した。あわせて第1弾キービジュアル&PV、キャスト情報などが公開された。

【動画】これぜ青春!CVも解禁された『ブルーピリオド』新映像

 「美術」の面白さに目覚めていく主人公・矢口八虎を峯田大夢、八虎を美術部に招き入れた同級生の美術部員・鮎川龍二を花守ゆみり、八虎が美術予備校で知り合った天才少年・高橋世田介を山下大輝、同じく美術予備校で知り合い、幅広く知識を蓄えた・橋田悠を河西健吾、美術予備校で一目置かれている少女・桑名マキを宮本侑芽が演じる。

 第1弾キービジュアルでは、後ろ姿のみティザービジュアルで描かれていた八虎の自信に満ちた表情が。矢口八虎のキャラクターボイスも初解禁され、メインキャラクターたちがエモーショナルに描かれた第1弾PVも見ることができる。

 『ブルーピリオド』は、『月刊アフタヌーン』(講談社)で2017年8月号から連載中の同名漫画が原作で、美術大学受験予備校や入学試験での苦悩を描いた物語。成績優秀かつスクールカースト上位の充実した毎日を送りつつも、どこか空虚な焦燥感を感じて生きる高校生・矢口八虎は、ある日、一枚の絵に心奪われる。その衝撃は八虎を駆り立て、美しくも厳しい美術の世界へ身を投じていく。美術のノウハウやうんちく、美大を目指して青春を燃やす姿が描かれる。『マンガ大賞2020』を受賞した人気作品となっている。