元乃木坂46の伊藤万理華が主演を務める映画『サマーフィルムにのって』の公開日が、8月6日(金)に決定。本予告とポスタービジュアルが解禁された。高校最後の夏休み、時代劇オタクの女子高生が初めての映画作りに挑むストーリーが、恋、友情、時代劇、SFとさまざまなジャンルが混ざり合い交錯する青春映画。

【動画】映画『サマーフィルムにのって』本予告

 解禁された予告編は、「私たちで映画つくろう」というハダシの掛け声から始まる。「映画部のど腐れ青春キラキラムービーなんか葬り去るくらいの傑作時代劇をつくろう!」と「打倒ラブコメ」を意気込む時代劇オタクのハダシ。最強最高メンバーを集めようと奮闘し、個性あふれる面々が集まって、それぞれの魅力を活かしたハダシ組を結成。試行錯誤しながらも初めての映画づくりに取り組むハダシ組のメンバーの活きいきとした表情、一生懸命なその姿は愛おしく、思わず応援したくなるほどだ。

 しかし、ハダシ組が映画完成に向けてひとつになったと思った矢先、実は凛太郎がタイムトラベラーであることが発覚して…。時にぶつかりながらも励まし合い、二度と戻らないこの夏を全力で駆け抜けるハダシたちの姿に感動的なラストを想起させる予告となっている。

 本予告と同時に解禁となった主題歌を担当するのは、Cody・Lee(李)。夏を感じさせる爽快なポップサウンドとエモーショナルな歌詞が響く一曲となっている。

勝新を敬愛する高校3年生のハダシ。キラキラ恋愛映画ばかりの映画部では、撮りたい時代劇を作れずにくすぶっていた。そんなある日、彼女の前に現れたのは武士役にぴったりな凛太郎。すぐさま個性豊かな仲間を集め出したハダシは、「打倒ラブコメ!」を掲げ文化祭でのゲリラ上映を目指すことに。青春全てをかけた映画作りの中で、ハダシは凛太郎へほのかな恋心を抱き始めるが、彼には未来からやってきたタイムトラベラーだという秘密があった――。


 ハダシ役で主演を務める伊藤。未来から来た少年凛太郎役には、『腐女子、うっかりゲイに告る。』でNHKのドラマ初主演を果たし、一躍脚光を浴びた金子大地。ハダシの仲良しトリオであるビート板とブルーハワイ役にはそれぞれ河合優実、祷キララ。監督はドラマやCM、MVなど幅広く手掛ける松本壮史が務め、数々の映像作品を共に作り上げてきた盟友、劇団「ロロ」主宰・三浦直之が脚本を担当した。

 ポスタービジュアルは、主人公ハダシを含む仲良し女子三人組が屋上で思い切り叫ぶ瞬間が切り取られ、疾走感溢れるビジュアルとなっている。彼女たちの映画づくりを想起させる「私たちの、青春は傑作だ。」というキャッチコピーが、高校最後の夏という一生に一度のかけがえのない時間が彼女たちにとって煌めく瞬間であることを示唆しているかのようだ。