2017年に発売された台湾の同名大ヒットホラー・ゲームを映画化した『返校 言葉が消えた日』の初日が、7月30日に決定した。『悲情城市』や『クーリンチェ少年殺人事件』に続く、白色テロ時代を描いた衝撃のダーク・ミステリー。解禁された予告編では、セピア色に近い、物悲しくも美しい映像で観る者を1962年台湾の凄惨な粛清の時代へと誘い込む。

【動画】映画『返校』90秒予告編

 台湾人が忘れてはならない負の歴史をストーリーに取り入れるという大胆な発想で大ヒットとなったホラー・ゲームを元に、迫害事件の謎解きと、青春を奪われた若者たちの切ないドラマが交錯する。その深いメッセージ性が昨年1月の台湾総統選挙にも影響を与えたと言われ、メディアやSNSで大騒動を巻き起こした本作。『第56回金馬奨』(中華圏を代表する映画賞)で主要12部門にノミネート、最優秀新人監督賞を含む最多5部門受賞の快挙も成し遂げた。

 解禁された予告編は、「自由が罪になる時代」と重々しいナレーションから始まる。舞台は、1962年、翠華高校では“秘密の読書会”が開かれ、生徒たちは「密かに、禁じられた本」を読み続けた。しかし、いつか自由になる日が来ることを夢見ていた人々の希望を打ち砕く様に、男子生徒が軍に暴力をふるわれ、強制的に連れ去られてしまう。

 「国家に逆らうものは死刑に処す」。台湾の白色テロ時代。1947年の二・二八事件以降の戒厳令下において、蒋介石率いる国民党が反体制派に対して政治的弾圧を行った。それから40年もの間、国民に相互監視と密告が強制され、多くの人々が投獄、処刑された暗黒の時代。翠華高校3年のファン・レイシン(ワン・ジン)と後輩のウェイ・ジョンティン(ツォン・ジンファ)は、悪夢のような光景が次々と待ち受けるなか、消えた同級生と先生を探す。密告者は誰なのか? 奇妙な空気に満ちた世界は、ゲーム『返校 -DETENTION-』の世界に迷い込んだかのように、私たちを一気にクライマックスまで誘う。