俳優のムロツヨシが、29日にNHK総合で放送される『インタビュー ここから』(前6:30~6:53)に出演。“笑いをとりたい”と考えるムロが、その背景を語る。

【番組カット】ちょこんと座るムロツヨシと聞き手の青井実アナウンサー

 舞台、ドラマ、映画、コントと幅広く活躍しているムロ。肩書を聞くと「数年前は喜劇役者と称していたけど、称されるものですよね」と語る。番組では、さまざまな場で笑いを巻き起こすムロの原点に迫る。

 まず訪ねるのは、横浜生まれのムロが卒業した小学校。子どものころは、笑いをとろうとアピールして、ウケなくても何度も挑戦していたという。人気者ではなく「人気者になりたいことがばれている子」だったとも話す。

 俳優の道を志したころには「5年後には少しずつ同級生から『あれ見たよ』と言われる人間になると思っていた」と振り返る。しかし現実は厳しく、なかなか芽が出なかった。バイトをしていた工事現場で夕日を見たとき、ひとりでに泣いていたという経験も。

 そこからムロはどうチャンスをつかんでいったのか。そして、今春、ライフワークとしてきた舞台『muro式.』の公演を3年ぶり開催。45歳になったムロが、そこで何を伝えようとしているのか。

 聞き手は青井実アナウンサー。