2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(作:三谷幸喜)の第三次出演者発表が27日、公式ツイッターなどで行われ、女優の江口のりこ(兵庫県出身)が源頼朝の愛妾・亀(かめ)役で出演することが明らかになった。『花燃ゆ』(2015年)以来2回目の大河ドラマとなる。配役が発表される13分前に公式ツイッターに投稿されたのは「会いたかった!佐殿(スケドノ)」。本作で佐殿こと源頼朝役は大泉洋が演じる。頼朝の妻・北条政子役の小池栄子との妻妾バトルに期待が高まる。

【画像】2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』相関図(2020年11月20日時点)

 本作の役柄について江口は「亀という役で、源頼朝に気に入られて、その妻の北条政子(小池栄子)の嫉妬を激しく呼び起こす人物です。その通りに演じられればいいなと思ってます」と、コメントしている。

 江口とえいば、『半沢直樹』(TBS)や『#リモラブ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ)、そして今年1月期では『その女、ジルバ』(フジテレビ系)『俺の家の話』(TBS)の2作に出演し、4月期は自身初の民放ドラマ主演作となる『ソロ活女子のススメ』(テレビ東京)で放送中。リアリティのある演技でどんな役もこなし、舞台、映画、テレビドラマと多方面で活躍しているバイプレイヤー。

 意外にも三谷作品は初参加で、「楽しみたいです」と一言。「共演したことのある方が何人かいらっしゃるので心強い気持ちです」と、その本領を遺憾なく発揮してくれそうだ。

 小栗旬が主演を務める来年の大河は、華やかな源平合戦、その後の鎌倉幕府誕生を背景に権力の座を巡る男たち女たちの駆け引き、源頼朝に全てを学び、武士の世を盤石にした二代執権・北条義時がいかにして武士の頂点に上り詰めたのか、を描いていく物語。これまでに菅田将暉、大泉、新垣結衣、中川大志、小泉孝太郎、南沙良、佐藤浩市、西田敏行らの出演が発表されている(発表済みキャストは下段)。

■発表済みキャスト(★=大河ドラマ初出演)

【北条家】
北条義時…小栗旬
北条政子…小池栄子
北条宗時…片岡愛之助
阿波局…宮澤エマ★
北条時政…坂東彌十郎★
牧の方…宮沢りえ

【源氏】
大姫…南沙良★
源行家…杉本哲太
源頼家…金子大地★
阿野全成…新納慎也
源範頼…迫田孝也
源義経…菅田将暉
源頼朝…大泉洋

【平家】
平清盛…松平健
平宗盛…小泉孝太郎

【坂東武士】
比企能員…佐藤二朗
畠山重忠…中川大志
安達盛長…野添義弘
三浦義村…山本耕史
和田義盛…横田栄司
伊東祐親…辻萬長
土肥実平…阿南健治
梶原景時…中村獅童

【幕府官僚】
大江広元…栗原英雄
三善康信…小林隆

【第二次出演者発表】
八重…新垣結衣★
上総広常…佐藤浩市
後白河法皇…西田敏行

【第三次出演者発表】
藤原秀衡…田中泯
亀…江口のりこ
武田信義…八嶋智人
三浦義澄…佐藤B作
丹後局…鈴木京香