Netflixオリジナルアニメシリーズ『Yasuke -ヤスケ-』(4月29日より独占配信、6話)の本予告映像とキーアートが解禁された。

【動画】ネトフリアニメ『Yasuke -ヤスケ-』本予告

 本作は、戦国時代を舞台に描かれる、アフリカ人で初の武士となった最強の浪人・ヤスケが主人公のファンタジー時代劇。一度は隠居の身となった浪人ヤスケが、謎の力を持つ少女・咲希を闇の力から守るため、再び刀を手に取り立ち向かっていく。

 解禁された予告映像は、主人公のヤスケを始め、織田信長、謎の力を持つ少女・咲希、恐ろしい力を操る闇の大名 、ヤスケと共に織田信長に仕えていた夏丸、咲希を狙う神父アブラハム、戦国の世を生き延びた戦士・守助、アブラハムに雇われた傭兵軍団・イシカワ、アチョウジャ、ハルト、ニキータ、そして咲希の母親・一華と、個性豊かなキャラクターの姿も明らかになった。

 原案、プロデュースそして監督を務めるのはラション・トーマス、彼にとって前作『キャノン・バスターズ』に続き2作品目のNetflixオリジナルアニメシリーズとなる。アニメーション制作を『ドロヘドロ』、『進撃の巨人 The Final Season』や『呪術廻戦』など国内外を問わず高い評価を得ているMAPPAが担当し、キャラクターデザインを小池健(『LUPIN the Third -峰不二子という女-』)が手がる。『第93回アカデミー賞』で『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』で助演男優賞にノミネートされ注目を浴びる俳優のラキース・スタンフィールドがヤスケを演じ、グラミー賞にノミネーションされた経歴を持つフライング・ロータスが音楽で参加している。

 併せて、咲希を守るヤスケと彼らを不敵に見つめる目が描かれたキーアートも解禁され、いよいよ全貌が明らかになるヤスケの戦いに期待が高まる。