韓国の大手芸能プロダクションに所属する人気と実力を兼ね備えたボーイズグループ6組が、K-POP界の王座を懸けてパフォーマンス対決を繰り広げる番組『KINGDOM : LEGENDARY WAR』の第4話がABEMAで配信された。

【動画】ATEEZの楽曲「INCEPTION」をパフォーマンスするiKON

 『KINGDOM : LEGENDARY WAR』は、人気ボーイズグループがアーティスト人生を賭けて参加するサバイバル番組。参加グループは、BTOB、iKON、SF9、THE BOYZ、Stray Kids、ATEEZの6組で、王座をかけてパフォーマンス対決を行う。第4話では、2次バトルが開始。「RE-BORN」(生まれ変わる)をテーマに、6グループがそれぞれ違うグループの楽曲を自分たちの解釈でアレンジし、パフォーマンスを披露した。今回の2次バトルも、1次バトルと同じ2万点を獲得でき、出演者独自の評価が25%、専門家評価が25%、ファンが参加できるグローバル評価が40%、10%がパフォーマンス動画の再生回数で決まる。

 2次バトルのトップバッターとなったのはSF9。THE BOYZの楽曲を披露することになったメンバーたちは、選曲を会議で話し合い、「THE STEALER」が最終候補に残った。さらに、「STEALERは盗むという意味だから、“もっと高い順位を奪う”“王冠を奪う”という意味でやってもいいと思う」、「ジャンルがノワールになるんじゃないかな。ストーリーを具体化するのはどう?」と、パフォーマンスの方向性を固めていった。

 さらに、メンバーたちはステージの演技経験が少ないことから、ミュージカル俳優として韓国で活躍するチョン・ソンアから演技のアドバイスを受けることに。前回のバトルも見ていたというチョン・ソンアは、「あせっているんじゃないかな、と思う。パフォーマンスには理由があるべきで、ダンス自体が持っている感情的なポイントを見せないと、いい点が取れない」と伝える。真剣に取り組むメンバーたちは、めきめき上達し、「レッスンで教えてくださって、バトルに備えるときにどんな態度で臨めばいいかがわかりました!」、「先輩が教えてくれて、パフォーマンスがスムーズになりました」と笑顔を見せた。

 迎えたステージでは、オープニングで9人が横並びでダンサーと向き合い、けんかをするような演出を見せる。これまでのステージとは変わり、コンセプトをしっかり落とし込んだ気合いの入った演出に、ほかのグループからも「完全に違う歌になってる…」、「アクション映画を見ているみたい」と驚きの声が続出した。

 続く2番手はTHE BOYZ。今度は反対に、彼らがSF9の曲をアレンジする。どの曲をパフォーマンスするか悩むメンバーたちは、「1次バトルが終わって、いろいろ考えました。今の状況を共感してくれる人に会ったらどうなのかな、と。少し特別な時間を設けたいと思います」と、「Road To Kingdom」で共に戦ったグループに“再会”することに。久しぶりの再会に、まるで同窓会のように楽しむメンバーたち。これまでライバルだったからこそわかり合える戦友に、率直な悩みを打ち明けると「THE BOYZの長所は、華やかなパフォーマンスもだけど、ストーリーラインがいいと思う。新しい挑戦をしても、どのグループよりも素晴らしいステージを披露できるのでは? もっと自信をもって臨んで!」と声援を受けた。

 戦友の言葉に感銘を受けたTHE BOYZメンバーは、「たくさん悩んだけど、進むべき方向を取り戻した気がする。ちょっと気が楽になりました」、「本当に大事なのは僕たち同士。僕たちにはできる、よくやっているという自信が重要なのを忘れていました」と改めて気合いを入れ直し、「頑張って準備すれば、いい結果が出る。新たな挑戦をして長所を最大化できる『O Sole Mio』(The Red Wedding)に決めました!」と、タンゴの情熱と、熱い恋を表現する楽曲に決定した。

 本番のパフォーマンスでは、太陽が映し出され、大きな鳥かごが登場するというTHE BOYZらしい世界観がお披露目。そして、その鳥かごの中で、女性とジュヨンがタンゴを踊るパフォーマンスからスタート。曲が流れると、「鳥肌が立った」、「完全にTHE BOYZのスタイルで解釈してるじゃん!」とほかのグループも絶賛した。

 3組目は、ATEEZの楽曲を披露することになったiKON。曲決めの会議では、ATEEZの曲の良さで盛り上がり、曲をミックスする案も出たものの、結果的に「INCEPTION」が選ばれた。「『INCEPTION』はコンセプトがはっきりしてるよね。うまく解釈できると思うから、もう少しアイデアを出し合おう」と編曲とダンスの案を熟考するメンバーたち。「『INCEPTION』といえば何?」、「夢。夢と関連付けたらいいと思う」、「夢では不可能がない。バランスが大事だと思う」、「コンセプトに走るとiKONの魅力が見えなくなるかも」と、真剣に話し合った。

 ダンスの強弱や編曲に細かくこだわり、レコーディングも重ね、練習に没頭するiKON。煮詰まったところで、「外に出よう」と地下からベランダのある屋外に出たメンバーたち。夜からずっと練習を続け、朝になったことも気づかなかったようで「朝だね」「日が昇ってるね」「こんな時間になってるなんて知らなかった」と練習生時代を思い返すメンバーたち。「『KINGDOM : LEGENDARY WAR』が僕たちを初心に帰らせたね」、「正直きついよね。でも、これが終わればプラスになっているはず。だから大変だけど頑張ろう」と、改めて思いを1つにした。

 本番のステージでは、メンバーが1人ずつ登場しては、セットの壁が動いていくという演出で曲の世界観をアピール。iKONならではの演出やパフォーマンスに、ほかのグループからは、「iKONの曲みたい!」、「格好いい!」と絶賛の声が上がった。

 番組の最後には、前回の1次バトルの動画再生回数とグローバル投票の結果も発表された。動画再生回数の1位はStray Kids、2位はiKON、3位はATEEZ、4位はBTOB、5位はTHE BOYZ、6位はSF9という結果に。また、グローバル投票の結果は、1位はStray Kids、2位はSF9、3位はiKON、4位はBTOB、5位はATEEZ、6位はTHE BOYZとなった。

 次回の29日放送回では、第2バトルの続きとして、BTOB、Stray Kids、ATEEZがパフォーマンスを披露する。