女優の小芝風花とお笑いコンビ・スピードワゴン(井戸田潤、小沢一敬)が26日、オンライン上で行われたコカ・コーラ『やかんの麦茶』発売記念イベントに参加。質問コーナーで“ふうっと一息つくときの必須アイテム”を聞かれた小芝は「ちっちゃいマッサージ機。寝る前ゴリゴリしないと寝られない」と明かすと、小沢から、すかさず「いくつ!?」と突っ込まれた。

【動画】小芝風花がノリノリ!スピードワゴンと爆笑トーク

 24歳になったという小芝に、小沢は「そんなに体が凝ってるの?」と心配。小芝は「背中が凝りすぎると胃にくるので、マッサージでゴリゴリしないと寝れない時があるんです」とナイトルーティンを紹介。小型のものを使用しているそうで「当てるだけでは足りないので、ベッドに寝転がってゴリゴリってしないと体が“終わった~”って感じがしないです」とすっかり習慣になっているそう。

 誕生日が先週16日だったということで、小柴が司会者から祝福されると小沢は「あまりこういうとことで言うことではないけど…徳井(義実)くんと同じだね。徳井くんと一緒?いろいろと気をつけるんだよ」と忠告。これに、小芝は「難しいことは大人に任せます」と苦笑いした。

 誕生日当日は「キリがいい年でもないので、家でゴロゴロして1日休んでました」とインドアに過ごしていたそう。プレゼントとして「ドラマ撮影現場で植物をかわいくアレンジして売っているお店があって。マネージャーさんからコウモリランという観葉植物が流木付いているのをもらいました。今、家に飾ってます」と嬉々としながら報告していた。

 イベントでは、1日限定“麦茶屋”の店主となった小芝がをお客さんとして迎え、井戸田と小沢とともに“ひと手間”かけた大麦から麦茶を煮出す体験を実施。小皿の上の大麦をかぐと、小沢は「夏休みの匂いするね」と堪能。小芝が「やかんで煮出すのは初めて」と驚くと、小沢は「えっおばあちゃんいないの!」と“ペットボトル世代”ならではのジェネレーションギャップを実感していた。