『第93回アカデミー賞』の授賞式が米ロサンゼルス時間25日(日本時間26日)、米ロサンゼルスで行われた。コロナ禍での開催となり、例年、会場となるアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターではなく、ユニオンステーションのコンコースをメイン会場に、ロンドン、パリ、韓国の会場と中継をつないで、さまざまな工夫を施しながら進行。ところが、最後に予期せぬ出来事が起きた。

『第93回アカデミー賞』受賞結果&ノミネーション一覧

 通常であれば、アカデミー賞最高の名誉である作品賞の発表がラストを飾るのだが、今回は主演女優賞・主演男優賞の前に発表があり、クロエ・ジャオ監督の『ノマドランド』が受賞した。その後、主演女優賞を『ノマドランド』のフランシス・マクドーマンが受賞。彼女のスピーチまではよかったのだが、問題はその後に。

 今回の大トリとなる主演男優賞のプレゼンターを務めたホアキン・フェニックスがアンソニー・ホプキンスの名を読み上げると、受賞スピーチもなく中継番組(ABC)が強制終了(?)、急きょエンドロールが流れる事態に。

 日本で現地の中継番組を紹介していたWOWOWの番組のジョン・カビラも困惑を隠せなかった。なんでも、主演男優賞にノミネートされていた故チャドウィック・ボーズマン(『マ・レイニーのブラックボトム』)が受賞するのではないか、という憶測のもと、ボーズマンさんの追悼を兼ねた演出を考えていたのではないのか、と。ところが、ふたを開けたら、アンソニー・ホプキンス。授賞式に本人が欠席(高齢だし)していたとはいえ、関係者は誰もいなかったのか、何の準備もしていなかったのか、あっさりと番組(授賞式)は終了した。

 『ファーザー』で認知症に冒されていく主人公を演じたホプキンスは、『羊たちの沈黙』以来、29年ぶりに2度目の受賞を果たした。83歳での受賞は史上最高齢記録となる。

 現地時間今月10日に開催された『第73回英国アカデミー賞(BAFTA)』でもボーズマンさん、『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』のリズ・アーメッド、『アナザーラウンド』のマッツ・ミケルセンといった強豪たちを退け、主演男優賞を受賞。BAFTAの授賞式にも登場せず、その時何をしていたか、も話題になった。実は、自分が受賞するとは思っておらず、滞在先のホテルで授賞式の中継も見ずに絵を描いていたそうで、フロリアン監督からメールが届き自分の受賞を知ったという。今回は家族と故郷のウエールズに滞在しているらしいが…。続報が待たれる。

NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020