『第93回アカデミー賞』の授賞式が米ロサンゼルス時間25日(日本時間26日)、米ロサンゼルスで行われ、『ミナリ』(公開中)でおばあちゃん役を演じたユン・ヨジョンが初ノミネートで助演女優賞を受賞し、韓国出身の俳優として初めて俳優部門でのオスカー獲得という快挙を成し遂げた。アジア人としても、64年ぶり2人目となる。

『第93回アカデミー賞』受賞結果&ノミネーション一覧

 助演女優賞のプレゼンターは、昨年助演男優賞を初受賞したブラッド・ピットが務めた。ヨジョンは、スピーチの冒頭で「ブラッド・ピットさんにお会いできてうれしいです。なぜもっと早く会えなかったんでしょう?」と語り、笑いを誘っていた。

 1980年代、父親は農業で成功したいと夢見てアーカンソー州の大地に広大な土地を買うが、現実は厳しく、一家にはさまざまな困難と予想もしない事件が降りかかる。アメリカンドリームを胸に、たくましく生きる家族の物語。

 韓国系移民の子どもとしてアメリカで育ったリー・アイザック・チョンが監督を務め作品賞にもノミネート。一家の父親役を演じたスティーブン・ユアンもアジア系として初の主演男優賞にノミネートされている。

■受賞スピーチ
 (プレゼンターの)ブラッド・ピットさん、お会いできて嬉しいです なぜもっと早く会えなかったんでしょう?(笑)

 ご存知の通り、私は韓国出身です。「ユン・ヨジョン」ということですね? 「ユンジョン」とも呼ばれていますが、何と呼んでもかまいませんよ。

 普段は他のところに暮らしてます。いつもこのアカデミー賞授賞式はテレビで見てました。私たちにとってはこれはテレビ番組でしたが、実際、私はここに来ることできました。信じられません。続けます。

 ありがとうございました。アカデミーに感謝します。私に投票してくださったみなさんにも感謝します。素晴らしい『ミナリ』のファミリーです。スティーヴン、アイザック、ノエル…私たちは家族になりました。そして何と言ってもリー・アイザック・チャンがいなければ私はここにいません。私たちのキャプテンでした。心から感謝します。

 私は競争というものを好みません。グレン・クローズさんではなく私が選ばれましたが、私は彼女の演技を何度も拝見してきました。5人のノミニーがいますが、それぞれ異なる作品で異なる役柄を演じています。ですので競争などというのはふさわしくなく、私は少し運がよかっただけ、少しだけラッキーだったんです。アメリカのホスピタリティ、おもてなしの気持ちでしょうか? 

 私の2人の息子にも感謝します。ママが一生懸命仕事をしたので、これを受賞できました。そして、私の最初の作品のキム・ギヨン監督にも捧げたいと思います。天才的監督でした。生きていれば、誇らしく思ってくれたと思います。心から感謝します。

■放送・配信情報
『レッドカーペット生中継!第93 回アカデミー賞授賞式直前 SP』
4月26日(月)前7:30[WOWOW プライム][WOWOW オンデマンド]

『生中継!第93 回アカデミー賞授賞式』
4月26日(月)前8:30[WOWOW プライム][WOWOW オンデマンド]

■番組オフィシャルサイト
https://www.wowow.co.jp/academy/