NHKで放送中の連続テレビ小説『おちょやん』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。4月26日放送の第21週・第101回で、女優の天海祐希(あまみ・ゆうき)が戦前から映画やラジオで活躍する人気女優・箕輪悦子役で“映画ポスター”出演を果たした。

【写真】公式ツイッターに掲載された箕輪悦子のポスター

 SNSには「マッサンの時も贅沢な使い方だなって思ったけど、今回はそれに輪をかけて贅沢だな」「天海さんの無駄遣い〜」「天海は天海でも#天海祐希さん」といった驚きの声が上がっている。

 天海が朝ドラに出演するのは、2014年後期『マッサン』の最終週・第147回に医師・川上一恵役で初出演した時以来。この時は収録当日まで主演の玉山鉄二に出演を知らせないサプライズを仕掛けたことで話題になったが、今回はそれを上回るサプライズとなった。

 NHK大阪拠点放送局に確認したところ、後にも先にも本人の登場はないそうで、まさかの写真のみの出演となる。ヒロイン・千代を演じる杉咲花と天海は同じ事務所に所属。テレビ朝日のドラマ『緊急取調室』で天海と杉咲が母子役で共演したこともある。

 23日放送の第100回で千代は天海一平(成田凌)と離婚。鶴亀新喜劇の旗揚げ1周年記念公演を千秋楽まで務め上げた後、千代は人知れず姿を消した。第101回は、それから1年が過ぎたとこから物語が再開。劇団の色恋沙汰が世間の目に触れ、鶴亀新喜劇はイマイチ波に乗れず…。それでも一平は新しい生活を始めていた。その頃、NHK大阪放送局では「お父さんはお人好し」というラジオドラマの企画が進んでおり、脚本家の長澤誠(生瀬勝久)がお母さん役に推していたのが箕輪悦子だった。しかし、お父さん役に決まった花車当郎(塚地武雅)は、お母さん役は、戦時中に防空壕で掛け合いをした千代がいいと言い出すが、その行方はいまだつかめずにいた。

 『おちょやん』第101回は、放送終了後1週間、NHKプラス(https://plus.nhk.jp/)で見逃し配信中。パソコンやスマホから視聴できる。