昨年、社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」(著:きくちゆうき)が、『100日間生きたワニ』のタイトルでアニメーション映画化され、5月28日より全国公開される。公開まであと32日となった26日、予告編が解禁された。

【動画】声優陣の声をひと通り聞くことができる予告編

 予告編は、原作漫画「100日後に死ぬワニ」の100日目のシーンから始まる。約束のお花見の場にいつまでも現れないワニを心配して迎えに行く親友のネズミだが、その頃、交差点にはワニの割れたスマホが転がっていた――。

 昨年の3月20日、人々が見守った4コママンガのラストシーンに重ねられているのは、ワニと仲間たちが過ごした日々の思い出。素晴らしい一年を期待した初詣や、仲間と食べるラーメン、バイト先のセンパイとのデート。友情に恋にと、ずっと続くと思っていた平凡な日常を過ごすワニたちの姿が鮮やかに切り取られるとともに、映画オリジナルパートであるワニがいなくなって100日後からの残された仲間たちの日々も描かれている。

 ワニと過ごした愛おしい100日間と、それでも続いていく明日を生きる仲間たち。予告映像では、主人公ワニ役の神木隆之介、ワニの親友のネズミ役の中村倫也、モグラ役の木村昴の息のあった掛け合いはもちろん、今回新たにセンパイ役の新木優子、イヌ役のファーストサマーウイカ、そして映画オリジナルキャラクター・カエル役の山田裕貴の声を確認することができ、いきものがかりによる主題歌「TSUZUKU」とともに、あたたかな感動を呼び起こす。