『第93回アカデミー賞』授賞式が現地時間25日、米・ロサンゼルスで開催され、『ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア(原題)』で、黒人解放運動を展開した政治組織「ブラックパンサー党」の指導者フレッド・ハンプトンを演じたダニエル・カルが2回目のノミネートで助演男優賞を初受賞した(前回は2017年『ゲット・アウト』で主演男優賞にノミネート)。

『第93回アカデミー賞』受賞結果&ノミネーション一覧

 シャカ・キングが監督を務めた同映画は、フレッド・ハンプトンはなぜ惨殺されなければならなかったのか、衝撃的な実話に基づき真相に迫る実録映画。フレッドに関する情報をFBIに提供する内通者としてブラックパンサー党に潜入するウィリアム・オニールを演じたラキース・スタンフィールドも助演男優賞にノミネートされていた。さらに作品賞、脚本賞、撮影賞、歌曲賞(H.E.R.「Fight for You」)の5部門6ノミネートされ、歌曲賞も獲得している

 本作は、ブラック・ライブズ・マター(Black Lives Matter、略称:BLM)など、人種・人権について注目が集まっている今の時代だからこそ描けた物語と言われている。日本では今夏にレンタルリリース予定。

■受賞スピーチ
 神様、ありがとう、神様、ありがとう。神様の導きあってこそ、ここにいられます。多くの愛情を感じることできました。私に素晴らしい感覚を与えてくれました。妹や甥、ロンドンのみんな、チームのみんな、素晴らしいサポートをくれたみんなに感謝したいです。

 なんてことでしょう。このような光栄なことを、スタンフィールドと共有したいです。ドミニク・フィッシュバーグ、素晴らしいキャスト、スタッフのみんなにも感謝したいです。

 周りを見てうれしくおもいます。みんなインスピレーションを与えてくれました。信頼してくれてありがとう。深く感謝します。並んで一緒に仕事で来て光栄でした。我々は、フレッド・ハンプトンという人の人生にインスピレーションをもらいました。22歳で亡くなったけど、子どもたちの教育や無料の医療の提供に尽力した人です。

 ブラックパンサー党の一員であった彼から多くを学びました。「統合」の力を示したと思います。「分割」ではなく「統合」の強さを語ってくれたフレッド・ハンプトンに感謝したい。

 人生を祝う必要があります。生きてるって素晴らしいことです。私の父と母もいまもセックス楽しんでるし、それで私はここにいるわけです。人生に感謝しているし、平和と愛を感じてます。

■例年より約2ヶ月遅れて開催

 今回のアカデミー賞は、ロサンゼルスのユニオンステーションの広々としたコンコースにステージや関係者が座る椅子とテーブルを設置した会場をメインに、ロンドン、パリなど各所と中継を結んで進行。オープニングはレジーナ・キングが務め、「授賞式の参加者はワクチン接種と検査を受け、映画の撮影と同じでカメラが回っている時はマスクなしでそれ以外はマスク着用しています」と説明した。従来の授賞式会場であるハリウッドのドルビーシアターにゲストの姿はなく、プレゼンターのブライアン・クランストンが「また、ここに帰ってくる」とパンデミックからの復興を誓った。

■放送・配信情報
『レッドカーペット生中継!第93 回アカデミー賞授賞式直前 SP』
4月26日(月)前7:30[WOWOW プライム][WOWOW オンデマンド]

『生中継!第93 回アカデミー賞授賞式』
4月26日(月)前8:30[WOWOW プライム][WOWOW オンデマンド]

■番組オフィシャルサイト
https://www.wowow.co.jp/academy/