女優の石田ゆり子(51)が24日、自身のインスタグラムを更新し、ロサンゼルス在住の女優・一色紗英(43)との2ショット写真を公開した。2人はフジテレビ系の月9ドラマ『君のためにできること』(1992年)などで共演し、石田は「出会った時のまんまの透明感と健やかさを備えていて私は感動すら覚えました」と久々の再会を喜んだ。

【写真】「懐かしい」一色紗英との2ショットを公開した石田ゆり子

 石田は「きのう、ほんとに20年以上ぶりに会った紗英ちゃんは 出会った時のまんまの透明感と健やかさを備えていて私は感動すら覚えました」と笑い合うツーショットなどを掲載。

 「素敵な大人の女性になった彼女に会って、わたしはなんだかとっても幸せでした。アーキの今年の秋冬の服たちを取っ替え引っ替えきては、ジブリ感!と盛り上がる私たちです」とつづり、一色が立ち上げたファッションブランドの服を着ていることを明かした。

 この投稿には、「一色紗英ちゃんは昔とあんまり変わらないけど、落ち着いた大人の女性になられましたね」「懐かしいけど綺麗な人は変わらんのですな」「二人とも年齢を超えた素敵な女性です」「懐かしいですね」などのコメントが寄せられている。