人気デュオ・KinKi Kidsの堂本光一が24日、都内で行われた『堂本光一×SQUARE ENIX V Short Movie』完全版発表会に登場した。

【写真】えっ、本物だよね? CG化した堂本光一、剣を構える王様に

 6年ぶり5枚目のオリジナルアルバム『PLAYFUL』を6月2日にリリースする堂本。本作は、堂本が今考える『PLAYFUL』=“遊び心”のある音楽・映像を詰め込んだエンターテイメントアルバムで、『ファイナルファンタジー』『ドラゴンクエスト』シリーズなどで知られるSQUARE ENIXとコラボレーション。今回のコラボは堂本が『ファイナルファンタジー』シリーズの大ファンということもあり実現した。

 映像やジャケットは、実写と最新技術でCG化された堂本を楽しむことができ、初回盤Aには特典映像として、王と影武者2人の堂本が登場する人間と物の怪との争いを描いたハイスピード剣劇『V(ファイブ)Short Movie』を収録。この日の発表会ではその映像がお披露目された。堂本本人のモーションキャプチャを含む実写とフルCGのハイブリッドで制作されており、アルバムジャケットやキービジュアルにも採用されている。

 今回はアルバムの映像でスクエニとコラボした形だが、スクエニが手掛けるゲームに自身のCGが登場する可能性も期待される。記者から「ゲームの世界に入れたら?」と聞かれると、「そういった展開になったらすごいですよね…。また、俺廃人になっちゃう」と照れ。『FF11』を7年間プレイするほど熱中したことを明かし、再びゲームにハマる可能性を伝えた。

 「自身がゲーム化されたら?」という質問に、「無理じゃないですか? してとは言えないですよ~。自分の口からは言えないですよ」と隣に座っていたスクエニ担当者をチラ見し、「ファンの方は喜ぶでしょうね。僕を操作して見たい角度で見れるわけですよ。アプリでもできると思うんですよ。喋りたいことを喋らせて…気持ちわりー!」と照れていた。

 続けて「ラブストーリーもあるかも知れない」と聞かれると、「ごめんなさい、拒否しますので! でも、ストーリーの中でラブストーリーが生まれてくることはすてきなことだと思います」と爆笑していた。