25日スタートのTBS系日曜劇場『ドラゴン桜』(毎週日曜 後9:00)に出演する高橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎が、同日放送の同局系バラエティー『令和の正解リアクション』(後2:00)に出演する。

【ドラマ写真】鋭い眼差しの平手友梨奈、“丸刈り姿”の細田佳央太ら

 お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳がMCを務める同番組では、日常のさまざまな場面で使え、さらに昭和でもなく平成でもない、“令和時代らしい新しいリアクション”をゲストが提案し自ら実演する。

 今回、リアクションゲストとして、ジャニーズ事務所の先輩のモノマネが話題となりバラエティーで活躍を見せる河合郁人(A.B.C-Z)、4月から『ひるおび!』のコメンテーターとして新たな一面を見せている朝日奈央、令和にブレイクしたお笑いコンビ・ラランドのサーヤ、お笑いトリオ・ハナコの岡部大、独特のリアクションを披露しスタジオを震撼させた渡辺裕太が出演する。

 この5人が挑戦した“令和らしいリアクション”には、『ドラゴン桜』キャストの審査による順位に応じてポイントが加算され、その合計でランキングを作成する。令和を象徴する若者世代代表として参加した4人は「こういうリアクションが使えたら人としてステキだと思う」「このリアクションは覚えておきたい!」と満場一致で1位に選ぶなど、大絶賛する場面も。 

 一方で「これは相手に気持ちが伝わらない…」など、辛辣な評価も飛び出し、MCの田村が「審査員も遠慮しなくなってる!」と言うほどありのままの辛口評価にも注目だ。さらに、あるお題に対する河合の独特なリアクションに、思わず審査員がコメントを避ける一幕も。ジャニーズ事務所の後輩でもある高橋は“ある反応”を見せる。はたしてどんな反応なのか。