関ジャニ∞の横山裕が連続ドラマ初主演を務める、テレビ朝日系新ドラマ『コタローは1人暮らし』がきょう24日(毎週土曜 後11:30~深0:00)より放送開始となる。横山演じる売れない漫画家・狩野進が住むアパートの隣に、1人暮らしの訳アリ5歳児・さとうコタロー(川原瑛都)が引っ越してくるところから始まる物語。大人びているけど、時に子どもらしくけなげな一面を見せるコタローと、彼を見守る人々の交流を描くハートフル・コメディーだ。

【写真】劇中アニメのキャラクター・とのさまんの声を担当する滝藤賢一

 狩野が住む「アパートの清水」に、小さなキャリーケースを転がしながらやって来たコタローは、さっそく住人たちの部屋へあいさつ回り。「以後、お見知りおきを…」と、高級ティッシュ1箱を差し出された狩野は、“なんでこんなに小さな子どもが1人暮らし!? しかもなんだ!? あの話し方”と、すっかり戸惑ってしまう。何だかめんどくさそうだからあまり関わらないようにしよう…と心に決めたものの、なぜか一人で銭湯に向かったコタローのことが無性に心配になり、慌てて後を追い掛ける。「どーした、俺」――自分の行動に驚きながらも一緒にお風呂に入ったことで、少しずつコタローとの距離が近づいていき…?

 2人が衝撃の出会いを果たしたことで、これまで接点のなかったキャバクラ嬢・秋友美月(山本舞香)や、いかつい見た目の田丸勇(生瀬勝久)ら、アパートの住人たちとの交流も深まっていく。

 そんなコタローの特徴といえば、「わらわは~」「くるしゅうない」などの不思議な話し方。それには理由があった。実はコタローは、アニメ『とのさまん』の熱烈なファン。「強くなりたい」と願うコタローにとって、『とのさまん』は心の支えであり、唯一無二のヒーローなのだ。その思いが募り、主人公・とのさまんの“殿様語”をマネして話すようになったコタロー。普段は無表情だが、テレビで『とのさまん』を観る時だけは前のめり、心なしか目もキラキラ…と、子どもらしい一面をのぞかせる。

 そんなコタローの愛を一身に受ける重要なキャラクター・とのさまんの声を担当するのは、七変化のようにどんな役柄も華麗に演じ抜く俳優・滝藤賢一。「いつかヒーローをやりたいと熱望していたので感無量です。マイルドに明るくパキパキとしゃべるように心がけました。ドラマをご覧になる子どもたちが真似したくなるようなヒーローになっていればうれしい!」と語る滝藤が、本作に声で華を添える。さらに、このアニメの主題歌「いずれおぬしもとのさまん」も滝藤が担当。素晴らしい美声を披露している。

■滝藤賢一のコメント(全文)
 いつかヒーローをやりたいと熱望していたので感無量です。オファーをいただいた時、是非やらせていただきたい。そして、あわよくば“実写とのさまん”として出演したいと、思いの丈を伝えました。

 私は、どちらかというと悪役声なので、なるべくマイルドに明るくパキパキとしゃべるように心がけました。ドラマをご覧になる子どもたちが真似したくなるようなヒーローになっていればうれしいです。

 主演の横山くんは、原作の狩野進と瓜二つですよね! 横山くんをモデルにされたんじゃないかと思うほどでした。台本のセリフを読んでいても、もはや横山くんの顔しか思い浮かびません。放送が楽しみです。脚本がとてもキュートで、読んでいるだけでほっこりします。

 この大変な時代、より多くの方にこのドラマを観て癒されていただきたい。そして、もしかしたら、私も出演するかも……。けけけけけ(笑)。