東京・鈴本演芸場は24日、ツイッターを更新し、「東京寄席組合(鈴本演芸場・新宿末廣亭・浅草演芸ホール・池袋演芸場)及び一般社団法人落語協会・公益社団法人落語芸術協会にて協議の結果『寄席は社会生活の維持に必要なもの』と判断し『4月25日以降の公演についても予定通り有観客開催』と決定いたしました」と発表した。

【写真】『タイタンライブ』6月公演に出演した神田伯山

 浅草演芸ホールは公式サイトで「4月23日に、政府による『緊急事態宣言』が発令されました。これに合わせて、東京都からは演芸場に対して『無観客開催』の要請がありましたが、『社会生活の維持に必要なものを除く』という文言があり、大衆娯楽である『寄席』は、この『社会生活の維持に必要なもの』に該当するという判断から、4月25日以降も通常通り営業することといたしました」と発表した。

 「ただし、お客様に安心・安全に、そして最低限の飲食をしながらお楽しみいただくことが重要と考え、これまで通り館内の定員を50%以下で営業いたします」と説明。感染予防対策として、開演前の客席等のアルコール消毒や仲入り時の館内の換気を徹底するとした。また観客に対しては、入場時の検温と手指消毒とマスクの着用などの協力を求める。また「館内でのご飲食の際は、私語を慎んでいただき、飲食後は速やかにマスクの着用をお願いいたします」と呼び掛けている。