人気グループ・ジャニーズWESTの濱田崇裕(※濱は旧字体)が、日本テレビの深夜ドラマ「シンドラ」第16弾となる7月26日スタートの『武士スタント逢坂くん!』で、ドラマ単独初主演を務めることが26日、発表された。あわせてカツラ姿で泣いている写真が公開された。

【画像】どんな物語?春画師が現代にタイムスリップする原作漫画

 同作は、2019年11月~2021年4月まで『週刊ビックコミックスピリッツ』にて連載された漫画が原作で、性と笑いにあふれるタイムスリップコメディ-。性の交わりを描いた浮世絵=春画は、風紀を乱すものとされ禁止令が出ていた江戸時代、隠れて描いていた人気の春画師だった武士の逢坂総司郎は処刑されることになる。しかし無念の思いから突如、令和の漫画家・宮上裕樹の元へタイムスリップし、春画が理由で死ぬはずだった彼は現代で自由にあふれる「エロ漫画」に感激する。「まん画」に出会った春画師・逢坂が、時代を超えて「エロ」に「恋」と「自分の春」を見つけ出し、武士が漫画家アシスタントとして現代で生きていく物語。

 逢坂総司郎役の濱田は「ドラマ単独初主演! 不思議。不思議です! とてもうれしい反面、緊張していますが、たぶんオンエアを見るまで実感が湧かないので、気張りすぎず、まずは皆さんに楽しんで見ていただきたいです」と心境を語った。

 「原作の逢坂くんはめちゃくちゃまっすぐで、何でも信じちゃうほど純粋でまじめな人。その役に僕を選んでいただいたことが、またうれしかったです。逢坂くんの真面目な部分は僕と似ていると感じますが、コメディーなので、真剣に演じることが面白さにつながるようにしたいです」と意気込んだ。

 また「サムライである事を基礎から作るために、肉体改造して、原作のような、すごい筋肉を披露する予定です! 初めて本格的なカツラを付けてメイクをしたのですが、スマホの顔認証が反応しませんでした」と打ち明け、「またご飯を食べてるときも、エレベーターに乗る時も、着物の裾があるイメージで所作を練習していると、ジャニーズWESTのメンバーに「何してんの!?」とツッコまれたり…! 今は役作りのために便利な世の中に慣れていない、当たり前と思わない、アナログで生きてます」と明かした。

 「江戸から令和に来た逢坂くんが、たくさんの初めてに感激する話です。漫画の中で逢坂くんが「はじまりを大切にする」と言っているので、僕も「初めての単独主演」という気持ちを大切にして挑んでいきます。ぜひ楽しみに待っていてください」と呼びかけた。

■スタッフ情報
脚本:坪田文、伊達さん
演出:渋江修平、大江海
音楽:近谷直之
編成企画:安島隆、河野雄平
コンテンツプロデューサー:岩崎広樹
チーフプロデューサー:福士睦
プロデューサー:諸田景子、長松谷太郎、中野有香