EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEのパフォーマーの白濱亜嵐が主演する4月期のテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』(毎週土曜 後11:00~11:30)が、きょう24日からスタートする。そのオープニングで、白濱をはじめ、先輩外科医役の木南晴夏、研修医役の野村周平、柄本時生、恒松祐里たち5人が手洗いダンスを披露している。

【写真】ママに抱っこされ…フィリピンでの誕生日写真を公開した白濱亜嵐

 軽快なリズムに合わせて白濱、木南、野村、柄本、恒松の5人が並び、ノリノリでクラップ(=手を叩く)したり、リズミカルに手をこすり合わせたり、跳ねたり、終始キレッキレの息の合った踊りを披露している手洗いダンス。振り付けを考案したのはGENERATIONSの中務裕太で「誰でも楽しく踊れるようにキャッチーな動きをイメージしました!」と明かした。

 パフォーマーとしても活躍する白濱は、華麗な動きでクールな舞いを披露。そして、木南、野村、柄本、恒松も見事に息の合ったダンス。ここに至るまでに、4人は努力を重ねたそう。ダンスのプロである白濱が先生となって教え、撮影などで4人が揃った日には休憩時間も一緒に練習をするなど、それぞれが時間を見つけては熱心に練習したそう。その成果あって、手洗いダンスの本番では、なんと木南と恒松は一発OK。クランクイン前に「(白濱から)学ばせていただきます! ダンスと歌を(笑)」と語っていた野村も、少し緊張したのか表情が硬くなる場面もあったが、完璧な振り付け。そして同じくクランクイン前に「本当にダンスがダメで。(白濱に)本当にお願いしたい」と語り、一番不安がっていた柄本は、撮り直しつつも心配していた振りもちゃんと覚え、懸命に踊っていた。

 このダンスを通して「グッと仲良くなった」と白濱が語るほど、5人の息ぴったりだった。

 同作は、うっとおしいほどの熱い情熱と持って一人前の医師になることを目指す雨野隆治(白濱)が、研修医として第一歩を踏み出した先で待ち受けていたのは、何もできず、何もわからず、先輩医師や上司から怒られるばかりの毎日。押し寄せる傷ついた患者を前に、無力である現実に打ちのめされ、葛藤し、涙を流しながらも医師という職業への強い思いと熱意を失わず、同僚の研修医たちと共に成長していく姿を描く、青春群像劇。