俳優の室龍太が主演する舞台『コムサde マンボ!』が、8月5日の大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティを皮切りに、東京、京都、静岡にて上演される。2019年秋に上演され、売れない役者たちが集まる伝説の館『コーポ・レミゼ』で繰り広げられたコメディ作品『どれミゼラブル!』の約2年後を舞台とした続編ストーリー。室は前作と同じく、主人公・コムサ真二役を務める。

■室龍太のTV出演歴

 本作は、芸人兼見習い放送作家だったコムサ真二がその後晴れて、テレビの放送作家になり、彼が関わるバラエティ番組『まかないマンボ!』のスタッフルームで起こるドタバタコメディとなっている。コムサ真二は放送作家として振り回されながらも番組を支えていく。演出はテレビドラマ演出や映画監督としても知られる水田伸生氏が担当する。

 このほか番組スタッフとして紅一点のデスク・茉莉花役には田中真琴、若きAD・三宅騎士(ナイト)役には古謝那伊留(関西ジャニーズJr.)、お調子者のプロデューサー・越野役には川久保拓司を迎える。

 また前作から、売れないミュージカル俳優・マサチカ役の石垣佑磨と、売れないアクション俳優・ジャッキ役の金田哲(はんにゃ)が再登場。コムサとの懐かしい場面も用意されている。そして、番組の要となる総合演出・伴明役には六角慎司、大御所作家・高田役には酒井敏也。前作同様、日替わりのエチュードも盛り込まれ、笑いにあふれた世界を展開する。

 約2年ぶりにコムサ真二を演じる室は「今回はコムサ真二が主人公で、テレビのバラエティ番組の現場で起こるお話です。コロナ禍の世の中ではありますが、安全面に考慮して公演出来るように務め、少しでも多くのお客様に楽しんでいただけるよう、カンパニーの皆さまとスタッフのみなさまで力を合わせ良い作品をお届けしたいと思います」と意気込み。

 また、テレビの制作会社にコネ入社した、YouTuberになりたい今どきの青年・騎士役の古謝は「前作の『どれミゼラブル!』は大阪公演を観劇させて頂いてすごく面白い作品だったので、まさか自分が続編に出させていただけると思っていなくて、お話をいただいた時は驚きました。あと、一番うれしいのは関西の先輩である龍太くんと久々に共演させて頂くのですごく楽しみです! 自分にしか出せない騎士を前面に出して頑張りたいと思います!!」とやる気をにじませている。