俳優の田中圭が、27日発売の女性ファッション誌『Oggi』6月号(小学館)に登場。主演映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』の公開を記念した特別付録「飛び出す!田中圭」で、立体的に飛び出した。

【写真】スキージャンパーに変身!付録の『飛び出す!田中 圭』

 前号の「次号予告」で告知されるやいなや、SNSでは「飛び出すって絵本的な? それともVR的な?」「3Dメガネ用意したほうがいい?」など、ファンの興味を集めた付録の全貌が、明らかになった。

 同号では、田中のほか映画で共演した山田裕貴&眞栄田郷敦が加わった撮り下ろし&クロストークも掲載。1年ぶりに集結した出演者3人による固い友情トークは、“K点越え”の大盛り上がりとなった。

 眞栄田が田中について「主人公の西方さんは圭さんそのもの。まとめるときはしっかりまとめるけど、あとは背中で語っている。一家の大黒柱みたいな存在で、いるだけで安心感があるんです」と話すと、山田も「圭さんは人との距離感が絶妙で、親しいけど近づきすぎないし、でも誰か輪に入りにくそうな人がいたら、さりげなく声をかける。すべてが自然なんですよね」と魅力を語る。

 これを聞いた田中は「うれしいね。差し入れでも買ってこようか?」とご満悦になりながら、「僕には『ついて来い』っていう強さがあるわけでもないから、みんなが楽しければ、それでいいの。郷敦とは年の差もあるし、裕貴は気い使いだし、それを取っ払ってワイワイやろうよってのが、役目だと思うから」と思いを伝えた。

 36歳の田中、30歳の山田、21歳の眞栄田。年齢も性格もバラバラだが、各世代でいま最も旬な3人だけに、年の差を超えた友情トークはとても新鮮。また、特集ではプライベートに関するQ&Aも掲載。Oggi世代に向けた、“働く女性にキュンとくるポイント”についても語り合った。