『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースと、『ラブリーボーン』で同賞にノミネートされたスタンリー・トゥッチがカップル役を演じ、20年という歳月を共にしてきた2人が向き合う人生の最終章を、圧倒的な演技で魅せる、心震える感動作が7月1日より全国で順次公開される。

【動画】映画『スーパーノヴァ』予告編

 家族・友人に恵まれ、ユーモアや文化を愛し、最高の人生を紡いできたピアニストのサムと作家のタスカー。不器用で無口だが、胸の奥に熱い愛情を燃やし続けるサムを演じるのはコリン・ファース。人をひきつける才能と魅力にあふれ、いつも周囲に光と笑いをもたらすタスカーをスタンリー・トゥッチが演じる。

 最初にオファーされたスタンリーが、「サムとタスカーの絆が本物でなければ成功しない」と考え、20年来の友であるコリンに自ら実は独断で脚本を手渡し、魂で結ばれた2人の共演が実現した。ふとした眼差し、伸ばした手や後ろ姿で、互いへの思いやりを表現る2人の名演が、世界で一番美しい愛を素晴らしい形にして私たちに差し出してくれる。

 メガホンをとったのはハリー・マックイーン。俳優としてデビューし、オリジナル脚本として書き上げた本作が、監督2作目となる注目の新生監督だ。撮影監督は、『ターナー 光に愛を求めて』などで2度アカデミー賞にノミネートされたディック・ポープが務めた。水と緑が織りなす風景が絵画のように美し く湖水地方をはじめ、イギリスが誇る景勝を余すところなく捉え、2人の壮大な人生の旅路を鮮やかに彩っている。

 予告編は、タスカ―がサムに「星は最期に大爆発してまぶしく輝く。それを“超新星(スーパーノヴァ)”というんだ」 と、タイトルである<スーパーノヴァ>について語るシーンから始まる。愛犬と共にキャンピングカーに乗り込み、湖水地方を旅する2人。友人や家族に囲まれ、些細なやり取りや出来事にさえ幸せを感じる穏やかで充実した日々を描くが、タスカ―のある一言が引き金となり、続くはずだった2人の未来の終わりが近いこと、さらに心に秘めていたそれぞれの結末が全く異なっていたことに気付いていく。最後の最後まで共に生きることを望むサムと、愛しているからこそ終わ りを望むタスカ―。お互いを想い合う2人が愛がゆえに導き出す答えとは――?

 ポスターでは、切なげに額を寄せ合うサムとタスカ―の姿が描かれ、遠くの空では、タイトルにちなんで星の爆発(スーパーノヴァ)を思わせる光が瞬く。そこに差し込まれた「世界で一番美しい、愛が終わる。」というコピーが、2人の愛の終焉を予感させる。