歌手で女優・小柳ルミ子(68)が25日、都内で行われた歌手デビュー50周年記念シングル「深夜零時、乱れ心」の取材会に出席。きらびやかな衣装に身を包み、膝上の“ミニスカ姿”でパフォーマンスを披露した。

【写真】本当に68歳!? 網タイツで“セクシー美脚”を披露した小柳ルミ子

 1971年4月25日に「わたしの城下町」で歌手デビューした小柳。7年ぶりとなる新シングルは、セルフプロデュースにより、デモ30曲からセレクトした2曲を収録。「深夜零時、乱れ心」は、アキラサンセット率いるホバーボードが制作。作詞作曲編曲を中村歩&遠藤ナオキが担当した。

 この日の取材会では、報道陣を前にノリノリのロックチューンを披露し、振付師ボビー吉野氏が手掛けたダンスパフォーマンスで魅了。報道陣から「キレキレのダンスでしたね」と絶賛されると、小柳は涙を流しながら「すいません、最近涙もろくなってしまって…。そうやって褒めていただくことがないので、これで自信を持って歌って踊れます」と喜んだ。

 昨年からコロナ禍に見舞われ、小柳は「あらゆることがストップしていくなかで、去年は引退を決意していました」と告白。それを思い留まらせたのは「桑田(佳祐)さんです」と明かすと「日本の宝である桑田さんが私を褒めてくれる記事を拝見して、まだ芸能界に私のポジションがあるんだと。もうひと頑張りしようと決意できたので感謝しかないです」と感慨深げに話した。

 吹っ切れたような晴れやかな表情で「これから白い歯を見せながらエンジョイしていきたい」と語った小柳は「50年目にしてやっと『歌っていて楽しい! 歌いたい』と思える曲に出会えたといっても過言ではありません」と新曲をアピール。ファンに向けて「パフォーマンスが落ちないようにトレーニングを重ねながら、一日でもライブができるよう祈っています」と呼びかけていた。