映画『劇場版 ポリス×戦士 ラブパトリーナ! ~怪盗からの挑戦! ラブでパパッとタイホせよ!~』の完成報告会見が24日、都内で行われ、愛羽ツバサ/ラブパトピンク役の渡辺未優、紫原サライ/ラブパトパープル役の山口莉愛、青瀬コハナ/ラブパトブルー役の山下結衣、七色ソラ/ラブパトシャイン役の杉浦優來、シンゴ署長役の柳沢慎吾、愛川警部役の加藤清史郎、三池崇史監督が出席した。

【動画】『ラブパト』集結!みんなでキュートなポーズ披露

 本作は、2017年よりテレビ東京系で放送されている、特撮テレビドラマ『ガールズ×戦士シリーズ』の第4弾として放送中の『ポリス×戦士 ラブパトリーナ!』(毎週日曜 前9:00)の劇場公開作品。

 主演はもちろん、テレビシリーズのラブパトリーナの4人。劇場版の監督も『ガールズ×戦士シリーズ』全4作の総監督を務めてきた三池崇史。そのほか、前作『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』の4人(菱田未渚美、山口綺羅、原田都愛、石井蘭)、柳沢慎吾、加藤清史郎も出演する。

 無事に完成を迎え、山口は「(映画化が決まった時は)すごくうれしくて楽しみな気持ちが大きかったです」と笑顔で語ると、渡辺も「大きな映画のスクリーンということで緊張しましたが、徐々にワクワクが大きくなり、頑張ろうという気持ちが強くなりました!」と目を輝かせた。

 撮影秘話に花を咲かせると、ラブパトのメンバーから「(撮影合間に)好きなアニメキャラクターの声マネをやってくれた」と暴露された加藤は「やってたかもな~」と照れ笑い。「くだらないことばかり話してたね。みんなからTikTokのことを教えてもらったりして、楽しかったね」と振り返ると、柳沢も「ずっと喋ってたもんね!」と明かしていた。

 また、役者の先輩としてアドバイスを求められ「先輩なんてそんな…」と恐縮した加藤だが「一つひとつ一生懸命にやってれば大丈夫。役としっかりと向き合って、大変なこともあるけれど、その時にいかに自分を持ち上げられるか。楽しんでやることが大事」と優しくアドバイス。これに山下は「大先輩から学ぶことがたくさんありました。これからも生かしていきたい!」と元気よく返していた。