ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)」のオリジナル作品『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』のシーズン2が、5月21日より配信開始となる。これに先駆け、予告編とポスターが一挙解禁された。

【動画】『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』シーズン2予告編

 『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』は、日本でも一大ムーブメントを巻き起こした映画『ハイスクール・ミュージカル』から生まれたドラマシリーズ。『ハイスクール・ミュージカル』の15年後に、新世代の高校生たちがそのリメイク版のミュージカルに向かって奮闘する等身大の姿を、友情や恋愛模様を絡めて描く。

 シーズン2では、演劇部〈ワイルドキャッツ〉が新たな舞台へと挑む。春のミュージカル公演にジェン先生が選んだのは、なんとディズニーアニメーションの金字塔とも言える『美女と野獣』。しかも、強豪ライバル校のノース高校を相手に、最も優れた高校演劇部に贈られる名誉ある賞”アラン・メンケン賞“を目指すことに。

 キャストたちの圧倒的なパフォーマンスも健在。今シーズンでは、デビュー曲「ドライバーズ・ライセンス」が全米・全英シングル・チャートで8週連続1位を獲得し、米タイム誌が発表する「次世代の100人」の2021年版に選出されたニニ役オリヴィア・ロドリゴと、リッキー役ジョシュア・バセットが、それぞれ書き下ろしのソロ新曲を披露する。名実ともにスターへの道を歩む、彼らの表現力にも注目だ。

 解禁された予告編で描かれるのは、友情、成長、個性の大切さ、そしてもちろん恋愛。まさに青春の全てが詰まった、“これぞ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』”というシーンの連続だ。先頭を行くのはジェン先生。誰もが『ハイスクール・ミュージカル』の続編を演じると思いきや、その期待を裏切りジェン先生が選んだ演目は、『美女と野獣』。しかも選んだ理由が、ライバル校が『リトル・マーメイド』を演じるから!? 突飛なアイデアにチームは驚きながらも、新たなチャレンジに団結し、胸を躍らせる。

 豪華なセットや専用スタジオもない。輝かしい経歴もなく自信を失っても、ミュージカルへの想いとチームワークだけは誰にも負けない! そんな想いを胸に、新たな舞台への挑戦が幕を開ける。果たして、ワイルドキャッツは栄光を手にすることができるのか!? もちろん、気になる遠距離恋愛中のニニとリッキーの関係も描かれる。お互いを大切に思う気持ちと、夢を追い求めたい気持ちの間で揺れ動く中、新たなライバルも登場し嵐が巻き起こる予感も!

 自分の個性と才能を自分自身が認め、そして、チームがそれぞれの個性を尊重する――まさに『ハイスクール・ミュージカル』が時代を超えて伝え続けるメッセージ、“みんなスター!”が受け継がれていることが伝わってくる予告編となっている。

 新しいキービジュアルでは、ニニやリッキー、EJ(マット・コーネット)やジーナ(ソフィア・ワイリー)など、おなじみのキャラクターが勢ぞろい。『美女と野獣』を思わせる赤いバラと、ニニの親友コートニー(ダラ・レネー)が持つトロフィーなどシーズン2ならではのモチーフも登場。シーズン1を超えた圧倒的パフォーマンス、そして、新しい自分を開花させ、輝きを増していくワイルドキャッツのメンバーが描く、感動のドラマに期待が高まる。