俳優の佐藤健が主演を務める人気シリーズの映画『るろうに剣心 最終章 The Final』があす23日に公開されるのを前に、本作を事前鑑賞したアニメ版の剣心の声を担当した涼風真世、『NARUTO-ナルト-』の作者・岸本斉史氏らからコメントが到着した。

【動画】佐藤健たちが語るIMAX上映の醍醐味

 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田真剣佑)とのクライマックスが描かれる『The Final』、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』(6月4日公開)の2部作で描かれる。

 涼風は「現代に再びよみがえったあでやかで狂気的な世界観に圧倒されました。剣心ワールドを的確に捉え、繊細に描き、魅せ、立ち回りでは迫力と鋭さに震え凄みを体感し、魂をえぐられました。音楽も剣心の心情を見事なまでに表現し、涙が溢れました」と感無量な様子。

 岸本氏は「剣心の細やかな所作『静』と激しい殺陣『動』のギャップがカッコいい!また美術がすごすぎていつのまにか世界に入り込んでいました。 ビギニングと合わせて剣心の人生を堪能させていただきました。切なさが染み込んでくる…」とコメントを寄せた。

 そして、シリーズ初のIMAX上映&体感型アトラクションシアター・4DX上映に向けて、2つの上映フォーマットをいち早く体験した、佐藤、武井咲、新田、大友啓史監督たちが見どころを語る特報映像も解禁。

 佐藤は「今までの集大成となる作品を(皆さんと)同時に、最高の環境で観られたことは幸せな時間でした。IMAXは本当におすすめできます。全然違いますね。感覚が直接揺り動かされるような感動の仕方をすごくしました。みんな観るべきだと思います」とIMAXのすごさを実感した。

(C)和月伸宏/集英社(C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会 IMAX(R) is a registered trademark of IMAX Corporation.